■スポンサードリンク■

ペットボトルのリサイクルって環境に優しくないって本当?

突然ですが、皆さんはペットボトルちゃんとリサイクルしていますか?

 

ペットボトルのリサイクルって環境に優しくないって本当?1

 

ペットボトルのリサイクルって普段から何気なくしてますよね。

ペットボトル専用のごみ箱などは街の至る所にあるのでポイ捨されることなく、きちんと捨てられている印象を受けます。

まじめな主婦にもなれば、ラベルを剥がして中身をすすいで指定された回収場所に捨ててますよね。

 

そして、回収されたペットボトルはリサイクルされて化学繊維になったり新たにペットボトルになっているんだろうと漠然と考えていたりします。

 

国としても環境問題の観点からペットボトルのリサイクルを推奨しています。

しかし、本当にペットボトルってリサイクルされているんでしょうか?

そもそも、ペットボトルのリサイクルって環境にいいのでしょうか?

 

■スポンサードリンク■



 

回収されたペットボトルは海外に売り飛ばされている

回収されたペットボトルはその後どうなっているのでしょうか。

武田邦彦氏の著書『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』(2007)によると自治体によって回収されたペットボトルのほとんどは再利用されておらず、結局は焼却処分されているそうです。

 

ペットボトルのリサイクルって環境に優しくないって本当?2

 

また、再利用に回されたペットボトルもほとんどが中国などの海外に捨て値で売り飛ばされているようです。

企業で回収されたペットボトルは海外の業者などに売り渡されるケースが多く、それらは固形燃料になったりしているそうですよ。

 

ペットボトルのリサイクルって環境に優しくないって本当?3

毎回、ラベルを剥がして洗っていたペットボトルの殆どが焼灼処分されていたと思うと残念です。

それに加えてリサイクルに回されても海外に売り飛ばされているなんて、本当にリサイクルと言えるのでしょうか???

 

ペットボトルのリサイクルにはお金がかかる

ペットボトルのリサイクルは本当に環境良いのか?

 

ペットボトルは通常のごみ回収業者とは違うルートで回収されるので、ペットボトル専用の回収業者が回収します。

そのため、それらのトラックから余計にCO2が排出されます。

また、リサイクルする過程でも多くの処理が必要となり、新しく作るよりもCO2が出ます

 

ペットボトルのリサイクルって環境に優しくないって本当?4

 

それらを考えると本当に環境にいいのか疑問に思えます。

 

また、ペットボトルのリサイクルには多くのお金がかかります。

自治体がペットボトルを回収する際にはペットボトル専用の回収業者を雇い、回収します。

しかし、そのほとんどは結局焼却処分されているので無駄な経費とも言えます。

その後、海外に輸出されるペットボトルにはさらに輸送費や人件費などの経費がかかります。

 

ペットボトルのリサイクルって環境に優しくないって本当?5

 

それらは税金から払われているのです。

 

まとめ

武田邦彦氏によると、ペットボトルのリサイクルは環境問題から見ても経済的視点から見ても意味はないそうです。

 

ペットボトルは元々、石油を原料にしているので燃えるゴミとして捨てた方が、焼灼処分場の燃料費の削減に繋がるとも言っています。

 

まじめにリサイクルに出していたペットボトルにこのような事実があると思うと本当にリサイクルが意味あるものなのか疑問に思えてしまいますね。

それに加えて、多くのお金(しかも税金まで)がかかっていることも考えるとリサイクルする意味は本当にあるのか疑問ですよね。。。

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ