■スポンサードリンク■

牛乳を飲みすぎると寿命が縮む?健康にも骨にも悪影響って本当なの?

皆さん、牛乳は好きですか?

小学校の給食で毎日出てくる牛乳を「好きで飲んでいた人」と「嫌いでなかなか飲まなかった人」がいると思います。

身長を伸ばしたくて毎日たくさん牛乳を飲んでいた人もいたのではないでしょうか?

 

しかし、牛乳って本当に身体に良い飲み物なのでしょうか??

 

牛乳は健康にも骨にも悪影響?日本人は牛乳に合わない体質って本当?1

 

新潟県三条市では学校給食での牛乳を廃止することが決定しました。

三条市では“完全米飯給食”を実施しています。

“完全米飯給食”とは主食をお米にして、それに合うような和食を中心とした献立を指します。

そのため、牛乳は献立に合わず廃止することになりました。

 

日本人は「牛乳が体質的に合わない人」が8割程度いると言われており、また、海外の研究で「牛乳は身体に悪い」という研究結果も発表されました。

 

牛乳は健康にも骨にも悪影響?日本人は牛乳に合わない体質って本当?2

 

本当に牛乳は健康に良い飲み物なのか?

今回は「牛乳を飲みすぎると寿命が縮む?健康にも骨にも悪影響って本当なの?」と題して、牛乳の意外な事実についてお届けいたします!

 

■スポンサードリンク■


なぜ牛乳を飲むとお腹を壊すのか?

牛乳を飲んでお腹を壊したという経験のある人はいますか?

 

牛乳は健康にも骨にも悪影響?日本人は牛乳に合わない体質って本当?3

 

このお腹を壊す現象は “乳糖不耐症”という症状に当てはまります。

乳糖不耐症”とは牛乳に含まれている“ラクトース”という乳糖を分解できないために、下痢や消化不良を起こす症状です。

 

本来であれば、体内にある乳糖消化酵素である“ラクターゼ”がラクトースを分解して消化をするのですが、日本人はラクターゼがないか十分に分解できる量を分泌できない人が多いと言われています。

 

日本人が牛乳を日常的に飲み始めたのは戦後以降だと言われ、食の西欧化の流れで牛乳が家庭に登場しました。

 

牛乳は健康にも骨にも悪影響?日本人は牛乳に合わない体質って本当?4

 

それ以前は牛乳を含む乳製品を殆ど摂取していませんでしたので、ラクターゼを分泌する必要がなく、日本人のほとんどは牛乳に慣れていないのです。

 

逆に、欧米では昔から牛乳を飲む習慣があるのでラクターゼを十分に分泌することができます。

そのため乳糖不耐症の人は少ないです。

 

牛乳は「寿命を縮める」可能性が!骨にも悪影響

スウェーデンのある研究チームが牛乳について10万人に対して観察調査をしました。

その結果、女性全体の10年間の死亡する割合は1000人当たり126人であったのに対して、牛乳を毎日3杯以上飲んでいる女性の10年間での死亡する割合は1000人当たり180であったそうです。

 

牛乳は健康にも骨にも悪影響?日本人は牛乳に合わない体質って本当?5

 

つまり牛乳を毎日3杯以上飲んでいた人は、そうでない人に比べ死亡率が1.4

ちなみに、牛乳を1日1杯以下しか飲まない人の死亡する割合は1000人当たり110人でした。

この結果から、「牛乳を毎日多く飲むと寿命を縮める可能性がある」と結論付けました。

 

また、牛乳を毎日3杯以上飲んでいる人は骨折する割合も全体の割合と比較すると高い傾向がありました。

この結果は私も意外で非常に驚いたのですが、理由としては牛乳には骨を溶かす“リン”という成分が入っており、多く飲んでいる人はこの成分により骨が溶けてしまったことがあるようです。

 

牛乳を飲みすぎると寿命が縮む?健康にも骨にも悪影響って本当なの?1

 

『 牛乳=骨に良い 』

この認識も間違っていたのですね~。

 

まとめ

今回は「牛乳を飲みすぎると寿命が縮む?健康にも骨にも悪影響って本当なの?」と題して、牛乳の意外な事実についてお届けいたしました。

 

牛乳を飲みすぎると寿命が縮む?健康にも骨にも悪影響って本当なの?2

 

今や、牛乳はわたしたちの生活には欠かせない飲み物ですよね。

栄養が豊富で成長期には非常に効果的な飲み物。

しかし一方で、牛乳は牛の子どもが飲むもので人間が飲むべきものではないという考えもあります。

ちなみに、牛乳の成分はほぼ“牛の血液”で形成されています。

人間以外で他の動物の血液を摂取する動物っていませんよね?

 

今回は牛乳を否定する考えを述べましたが、反対に牛乳がいい飲み物だとする研究結果もあります。

それに上記の研究調査はスウェーデンでの研究であって、体質が違う日本人でもこの結果が適合するのかはまだ分かりません。

皆さんは、どう思われますか?

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ