■スポンサードリンク■

カフェインのメリット!ダイエットや鎮痛効果があるって知ってた?

近頃、ショッキングなニュースがありました。

カフェイン中毒によって死亡」していた方がいたそうです。

 

その方は、日常的にカフェインの含まれるエナジードリンクを飲んでいたそうです。

エナジードリンクと言えば「レッドブル」や「モンスター」など様々なものが店頭で並んでいますよね。

私も集中したいときはエナジードリンクを飲むのですが、私はとても単純な人間なのか、とても仕事がはかどるので、いつも重宝しています(^_^;)

 

カフェインのメリット!ダイエットや鎮痛効果があるって知ってた?1

 

テレビのニュースなどで『 カフェイン=健康に良くない 』のように伝えていますが、知識をもってカフェインを摂取すれば非常に有効なのです!

 

実はカフェインを上手に摂取すると・・・

(1)眠気覚まし&運動機能上昇

(2)痛みを抑える鎮痛効果

(3)ダイエットに有効

(4)がんを再生させない効果

 

カフェインにはこんなに素晴らしい効果があるんですよ!

今回は「カフェインのメリット!ダイエットや鎮痛効果があるって知ってた?」と題しましてカフェインの意外な事実についてお届けいたします!

 

■スポンサードリンク■


カフェインには「眠気覚まし&運動機能上昇効果」がある!

カフェインと聞いて誰でも思いつくのは「眠気覚ましの効果」ではないでしょうか。

眠気覚ましドリンクなどにも「カフェイン配合」を宣伝していますし、コーヒーを飲むと眠気がなくなった経験をした人も多いでしょう。

 

カフェインのメリット!ダイエットや鎮痛効果があるって知ってた?2◇関連記事:運動の3時間前に飲むとダイエット効果大!カフェインのメリット・デメリット

 

カフェインには体内にある“アデノシン”という成分がアデノシン受容体に結合するのを妨害する効果があります。

アデノシンとアデノシン受容体が結合すると「心拍数の減少や交感神経の活発化を阻止」するため気持ちが落ち着いたり、眠気が出てきます。

 

カフェインのメリット!ダイエットや鎮痛効果があるって知ってた?3

 

しかし、カフェインは「気持ちが落ち着いたり、眠気が出る」状態を阻止するので、眠気が起きなかったり、興奮状態を保ったままになります。

 

さらに、この際に脳から“アドレナリン”が放出されて脳を含む全身が興奮状態となり「運動機能などが上昇」します。

 

カフェインのメリット!ダイエットや鎮痛効果があるって知ってた?4

 

そのため、スポーツ大会ではカフェインの摂取を禁止していますよね。

 

カフェインには痛みを抑える「鎮痛作用」がある!

実はカフェインには頭痛などの痛みを抑える“鎮痛効果”があるのです!

その為、カフェインが含まれている“鎮痛薬”も存在するのですよ!

 

カフェインには「脳血管収縮効果」といって「解熱や偏頭痛の緩和」をする鎮痛効果があります。

 

カフェインのメリット!ダイエットや鎮痛効果があるって知ってた?5

 

しかし、この効果が消失すると血管の拡張によって新たな頭痛が生じるので「カフェインを取れば大丈夫」と過信するのはやめましょう。

あくまで一時的に症状を抑える効果があるというい認識でお願いしますね。

 

カフェインには「ダイエット効果」がある!

さらにカフェインには「ダイエットには効果がある」といわれています。

 

カフェインのメリット!ダイエットや鎮痛効果があるって知ってた?6

 

カフェインは脂肪分解酵素である“リパーゼ”を活発化させます。

そのため、普段よりも5%から10%程度代謝量を増やすといわれています。

 

運動の30分程度前にコーヒーにして2杯から3杯を飲んで有酸素運動を行うと代謝量をさらに上げることができ、「スポーツによるダイエット効果を高める」ことが期待できるのです!

 

カフェインは「がん細胞を再生させない」効果がある!

カフェインには「がん細胞のDNA修復を阻害する」働きがあります。

抗がん剤は一時的にがん細胞を弱らせる働きがありますが、残ったがん細胞が広がるのを阻止する効果はありません。

そこでカフェインを投与して「がん細胞のDNA修復を阻止」します。

 

カフェインのメリット!ダイエットや鎮痛効果があるって知ってた?7

 

この抗がん剤とカフェインの組み合わせは有効性が高いとして医療機関でも使われているようです。

 

まとめ

今回は「カフェインのメリット!ダイエットや鎮痛効果があるって知ってた?」と題しましてカフェインの意外な事実についてお届けいたしました!

 

世界保健機関”では「一日400~450mgまでカフェインを摂取しても悪影響はない」としています。

これはコーヒーにすると6杯程度で普通の生活をしている人であればカフェインの悪影響はないことになります。

 

また「カフェインの致死量は5グラム」でエナジードリンクを水代わりに飲んでいても致死量には到底及びません。

 

ここまででお伝えした通り、カフェインにも多くのメリットがあります。

取り過ぎれば、カフェイン依存症や中毒になってしまう可能性もありますが、うまく付き合っていけば身体にいい影響を与える成分なのです!

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ