■スポンサードリンク■

ポテトチップスの雑学!歴史・種類・カロリーについて

ポテトチップス、おいしいですよね。私もポテトチップス大好きです。

 

ポテトチップスの雑学!歴史・種類・カロリーについて1

 

のりしお味のポテトチップスを食べているときに、ふと、「これはいつからあるんだろう?」と思って調べてみました。

今回は「ポテトチップスの歴史・種類・カロリーについて」と題しまして、ポテトチップスにまつわる雑学をご紹介いたします!

 

■スポンサードリンク■


ポテトチップスの歴史

ポテトチップスにまつわるお話は諸説ありますが、その中で最も有力であるとされている説は以下の通りです。

 

1853年、アメリカの「ムーンレイクロッジ」というレストランの、ジョージ・クラム、という人が最初に作ったそうです。

ある日、クラムさんのお店にお金持ちのお客さんが来て、「ここで買ったフライドポテトが厚すぎる!」と文句を付けたそうです。

 

それも何度も。。。何回も文句付けられたクラムさん、「じゃあ思いっきり薄くしたフライドポテトを作ってやるよ」と、いうことで、ポテトをものすご~く薄くしたものをそのお客さんに提供したそうです。

 

もちろんお客さんを喜ばせようという気はなかったようですよ。

しかしそのお客さんは、そのポテトをものすごく気に入ってしまい、それがきっかけでお店のメニューに「サラトガ・チップス」という何とも日本語に聞こえるものが追加されました。

 

ポテトチップスの雑学!歴史・種類・カロリーについて2こんなイメージのメニューだったようですよ!

 

するとこのサラトガ・チップス、他のお客さんにも大好評!瞬く間に一般的なものになったそうです。こうしてポテトチップスは世に広まっていったそうです。

この話はカルビーの商品、「堅あげポテトうすしお味」の裏面に掲載されているお話なので、もし書いてある商品に巡り合えたらぜひ読んでみてください♪

 

ポテトチップスは何種類?

一般的なものになったポテトチップス、今では何種類あるんでしょうね。カルビーのHPに掲載されているQ&Aによると

 

Q:ポテトチップスには何種類くらい味があるのですか?

A:短い期間でどんどん味の違うポテトチップスが発売されていますので、

正確には数えられませんが、常に10種類くらいの味があります。

コンビニエンスストア限定、期間限定、地域限定を全て合わせると、年間ではだいたい80種類くらいの味が発売されています。

 

と、いうことで、年間80種類ものポテトチップスが世に出回っているらしいです。すごいですね…(笑)

 

ポテトチップス2袋分で食事一食分のカロリー

ポテトチップス、とってもおいしいんですがそのカロリーもとっても高いんです・・・。例えばのりしお味ですと一袋60gになんと335kcalもあるんです。

100gになおすと約550kcal。

同じ百グラムの分量で言うと、白米が170kcalパンが250kcalそばが270kcalという感じです。

 

ちなみに一般的にご飯をカロリー比較で表すことが多いですが、ごはん一杯は約140gで235カロリーとされています。

そうすると、のりしお味一袋で、ごはん1杯をお代わりして、あと半分食べた時と同じカロリーという事に!

 

この数字を見るといかにポテトチップスが高カロリーかわかりますね。

 

ポテトチップスの雑学!歴史・種類・カロリーについて3

 

日本人女性の一日の平均許容摂取カロリーが普通の人で2000kcalくらいなので、ポテトチップス一袋食べるだけで約1/6のカロリー割合になることが分かります。

また、ポテトチップスには中毒性があることもわかっており、食べる時はいろいろ覚悟しなくてはいけませんね(笑)

 

まとめ

今回は「ポテトチップスの歴史・種類・カロリーについて」と題しまして、ポテトチップスにまつわる雑学をご紹介いたしました!

 

ポテトチップスの雑学!歴史・種類・カロリーについて4

 

これを見て食べたくなった方もいれば食べたくなくなった方もいるかもしれませんが、高カロリーなおやつなので食べすぎには注意ですよ!

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ