■スポンサードリンク■

液晶テレビとプラズマテレビの違いって何?それぞれの特徴について

いまやテレビは薄型・大画面が主流になりましたね。

年々サイズも大きいものが発売され、一般家庭で50インチ以上のテレビがある、そんなご家庭も増えてきたようです。

 

ここで質問です

液晶テレビとプラズマテレビの違いってどこにあるのでしょう?

 

液晶テレビとプラズマテレビの違いって何?それぞれの特徴について1

 

今回は「液晶テレビとプラズマテレビの違いって何?それぞれの特徴について」と題しまして今や主流となった薄型大画面テレビ2種類についてご紹介いたします。

 

■スポンサードリンク■


液晶テレビの特徴とメリット・デメリット

液晶テレビは一番奥にはバックライトが存在し、バックライトからは白色光線が常時点灯しています。

この光を、液晶パネルを通して、更にカラーフィルターを通過させているのですが、液晶パネルでは、何色の光を透過させるかの決定がなされ、このタイミングで私たちの目に入る色の決定がなされます。

すべての色を液晶パネルで遮ることで、黒色を表現することができます。

 

液晶テレビのメリット

・色の変化を付けること(グラデーション)がプラズマに比べて得意

・液晶テレビは表面がつやのない加工がなされているものが多く、明るい場所で見ても、テレビを見ているときに照明や部屋の物が映り込むことがまずない

・消費電力が少ない

・小型化が容易で、低価格化しやすい

 

液晶テレビのデメリット

・応答速度が遅い(=ピンボケを起こす)

・赤色の表現が苦手

・見る角度によって色が変わるものがある(最近改善されてきた)

 

液晶テレビは、照明や物の映り込みが少ないことから、リビングのメインテレビとして活用されることが多いようです。

しかし、小型化しやすいというメリットもあるので、一人ぐらし用のテレビとしても、セカンドテレビとしても用いることができます。

 

プラズマテレビの特徴とメリット・デメリット

プラズマテレビには液晶テレビのようなバックライトが存在しません

その代り、蛍光体という、それ自体が色を光発する装置が備え付けられています。

また、色を発するときは必要な色の蛍光体を発色させて表現します。

蛍光体と言うのは、プラズマ放電によって発光し、単位時間当たりの点灯回数を変化させることで色の明暗を表現しています。

黒色を表現するときはすべての画素を消灯することで表現しています。

 

プラズマテレビのメリット

・プラズマ放電による発色は視野角が広い(=どこから見ても色は変わらない)

・応答速度が速く、動きの速い映像でもピンボケを起こすことが少ない

・液晶に比べて黒の表現が得意

・色の表現が全て鮮やか

 

プラズマテレビのデメリット

・表面に光沢があるために映り込みが生じる

・グラデーションがあまりきれいに見えない

・消費電力が大きく、熱も発しやすいし焼き付きも起きる

・小型化がしにくい

 

プラズマテレビも液晶テレビ同様、リビングのメインテレビとしての用途はもちろん、映画のブルーレイを楽しむ際や、スポーツを見る際などは、その反応速度の高さから適していると言えます。

逆に、焼き付きなどの問題から長時間の使用にはあまり向かないです。

 

まとめ

これまでの話からも分かるように、「液晶テレビ」と「プラズマテレビ」一概にどちらが良いとは言えません。

 

消費電力、焼き付き、グラデーション、反応速度など、どちらも得手不得手が存在するので、買うときには「何をテレビに求めるのか」を考えることが重要ですよ!

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ