■スポンサードリンク■

肥満の原因がブルーライト?!スマホやパソコンから出るブルーライトの人体への影響は?

スマホやパソコンが普及した昨今、ブルーライトによる人体への影響が懸念されるようになりました。

このブルーライトが人体にどうのように悪いのか、みなさんご存知でしょうか?

 

肥満の原因がブルーライト?!スマホやパソコンから出るブルーライトの人体への影響は?2

 

今回は「肥満の原因がブルーライト?!スマホやパソコンから出るブルーライトの人体への影響は?」と題しましてブルーライトについてご紹介いたします!

まさか、ブルーライトが肥満の原因になるなんて?と思いますが、実は肥満にも関係があるようです!

 

 

■スポンサードリンク■


そもそもブルーライトって何?

ブルーライトとは、波長が380~500nmの領域にある青い色の光のことで、可視光のうちで最も多くのエネルギーを持っているのが特徴です。

 

実は太陽光や白熱灯などにもブルーライトは存在しており、私たちの生活の中のあちこちにブルーライト存在しています。

 

では、なぜ最近やたら騒がれているかというと、スマホやパソコンは、太陽光や白熱灯と比べ非常にたくさんのブルーライトを発光しているのです!

 

それではこの“ブルーライト”が与える人体への悪影響はどのようなものがあるのか、ご紹介いたします。

 

 

ブルーライトが与える人体への悪影響① 睡眠への影響

私たちは古来から、光(太陽)があるときは活動し、ないときは寝て次の日の出に備える生物であり、今も暗くなれば眠くなるし、太陽光を浴びると目が覚めますよね。

ところが、ブルーライトを寝る前に見てしまうと、脳は「朝である」と誤認識し、脳が覚醒してしまいます。

その結果、眠りが浅くなってしまったり、寝つきが悪くなってしまうわけです。

寝る2時間前にはスマホやパソコンを見ることをやめることが推奨されています。

 

 

ブルーライトが与える人体への悪影響② 精神への影響

睡眠への影響の際にも述べましたが、ブルーライトが網膜に届くと、脳は覚醒し、さまざまなホルモンを出します。

この時に出されるホルモンは、心の状態に影響するホルモンですので、ブルーライトの見すぎは生体反応へ大きな悪影響を与えてしまうのです。

 

 

ブルーライトが与える人体への悪影響③ 肥満への影響

「ブルーライトと肥満が関係しているの?!」と感じた方、多いのではないでしょうか?

実はブルーライトは肥満にも関係しているのです!

 

ブルーライトを夜に浴びると、サーカディアンリズムといって「生物に備わっている昼と夜を作り出す一日のリズム」を乱します。

 

通常、一定の時間が来ると眠くなり、一定時間眠ると覚醒するサイクルで生活しているのですが、このサイクルが乱れ、睡眠の質が低下するだけではなく、生理的機能の変動リズムに影響し、「糖尿病」や「高血圧」、「心筋梗塞」などの“メタボリックシンドローム”のリスクを高めることになります。

 

短絡的ではありますが、ブルーライトを夜に浴びる生活を長く続けていると、メタボリックシンドロームになりやすいことが研究で明らかになっているそうです。

 

 

ブルーライトが与える人体への悪影響④ がんへの影響

夜間勤務が多く、サーカディアンリズムが乱れやすい職場で働く女性は乳がん発生率が高い傾向にあることがわかっています。

 

癌とブルーライトの直接的な関係性についてはまだ詳しくわかっていませんが、ブルーライトを浴びることで“メラトニン”の分泌量をコントロールされ、メラトニンはサーカディアンリズムに大きな影響を与えていることからも、ブルーライトががんへの影響を少なからず持っていると考えることができます

 

 

ブルーライトが与える人体への悪影響⑤ 視力低下の影響

これはブルーライトについてあまり知識がなくても、なんとなくイメージがつきますよね!

 

テレビなどのLED液晶ディスプレイの何倍ブルーライトが出ていると思いますか?

実はPCやスマホはTVの約

 

 

まとめ

今回は「ブルーライトが肥満に関係?!ブルーライトが与える悪影響とは?」と題しましてブルーライトについてご紹介いたしました。

 

・睡眠への影響

・精神への影響

・肥満への影響

・がんへの影響

・視力への影響

 

上記のように、ブルーライトを浴びることでのメリットはほぼありません。

最近では「ブルーライト軽減メガネ」や「ブルーライトフィルター付きスマホ」など、街で見る機会が増えてきましたよね!

ブルーライトのデメリットがわかっているからこそ、企業も意識的に対策に乗り出しています。

 

スマホやPCを長時間使用する方はブルーライトに気を付けるとおもに、意識してブルーライト軽減ネガネなどを使用し身体に気を付けてくださいね!

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ