■スポンサードリンク■

勾玉の歴史や効果について!勾玉や選び方のポイントとは?

みなさんこんにちは!

唐突ですがみなさん、“勾玉(まがたま)”をご存知ですか?

 

勾玉の歴史や効果について!勾玉や選び方のポイントとは?1

 

姿かたちは想像できる方が多いと思いますが「意味」やその「歴史」まで知っている人は多くないと思います。

 

勾玉はパワーストーンのように、身につけることでプラスに働く効果を与えてくれるようです。

 

勾玉の歴史や効果について!勾玉や選び方のポイントとは? パワーストーン

 

今回は「勾玉の歴史や効果について!勾玉や選び方のポイントとは?」と題しまして、勾玉についてお届けいたします!

 

 

■スポンサードリンク■


勾玉とは

勾玉(まがたま)とは、先史・古代の日本における「装身具」の一つです。

また、祭祀(神や先祖を祭る)にも用いられたとも言われています。

 

勾玉の歴史や効果について!勾玉や選び方のポイントとは?3

 

勾玉には不思議な力が宿るとされていて、「魔除け」や「厄除け」といった意味でも身に着けられていたそうです。

 

 

勾玉の歴史と名前の由来

勾玉、という名前はまがった形をしているので「まがたま」と呼ばれる説が有力です。

古事記には「曲玉」、日本書紀には「勾玉」の表記がそれぞれ見られています。

 

世界的に見て、日本や朝鮮といったごく一部でしか発掘されてなく、用いられていた場所が限られていたことが分かります。

また、それらは縄文時代に作られていたことが分かっており、その時代に活発に用いられていたようです。

 

勾玉の歴史や効果について!勾玉や選び方のポイントとは?4

 

日本の縄文時代の遺跡から発見されたものが世界で最も古いとされています。

 

神話の中ではスサノオノミコトがヤマタノオロチを退治した後、勾玉をアマテラスオオカミに献上されました。

 

勾玉の歴史や効果について!勾玉や選び方のポイントとは?5

 

これが三種の神器の一つ「八尺瓊勾玉」になったと伝えられています。

 

勾玉の歴史や効果について!勾玉や選び方のポイントとは? 三種の神器

 

お守りとしての働きに注目して書いてきましたが、生命力の向上持ち主の能力アップなどの効果も期待できるようで、現代でも人からもらったりあげたりすることも少なからずあるようです。

 

 

勾玉の形と効果について

勾玉、特徴的な形をしていますよね。

その形にもしっかりとした意味があるんです。

 

勾玉の頭の部分は「太陽」を表しており、尾の部分(細い方)は「」を表しています。

そして、頭に空いている穴には、祖先とのつながりを持ち、持っている自分自身に降りかかる「邪気や邪霊から自分を守る」という意味合いがあります。。

 

また、勾玉の形には多くの説があり、

・動物の刃で作った刃玉が基であるとする説

・胎児の形を模したとする説

・魚の形を模したとする説

・腎臓を模したとする説

・月の形を模したとする説

・形そのものに意味があったとする説

 

などなど、たくさんの説があり、どれが有力だとかは特に無いようです。

 

 

勾玉の選び方

勾玉を選ぶ機会はそうないとは思いますが一応(笑)

 

美術品、つまり見るものとして勾玉を選ぶのでしたら形や大きさ、色合いなどを見て、自分が気に入ったものをチョイスするのが無難でしょう。ですが、お守りとしての勾玉選びとなると、すこし良くないです。ほかの判断基準を用いましょう。

 

勾玉を選ぶ際には「直観」で選ぶことが重要みたいです。

 

勾玉の歴史や効果について!勾玉や選び方のポイントとは? 直感

 

実際に見て、触れて、「なんだかこれ、いいな」と思ったら、それが自分にあった勾玉であるといえます。

ある意味、形とか色で判断するよりも簡単です。

 

「いいな」と思うという事は、その存在があなたにとって必要だからそう感じるのです。

無意識に自分から邪気を払うために一番のモノが目に留まるのでしょうね!ですので、勾玉を選ぶときには「直観」を大事にしてあげてください!

 

まとめ

今回は「勾玉の歴史や効果について!勾玉や選び方のポイントとは?」と題しまして、勾玉についてお届けいたしました。

 

勾玉の歴史や効果について!勾玉や選び方のポイントとは?2

 

海外ではあまり見かける事が無い独特な装飾品ですので、外国人のお土産にも向いているのではないかなぁ、と私は感じています。

また、厄除け効果もあるので「最近ついていないな、、、」と感じている人や厄年の方なんかも身に着けてみてはいかがでしょうか?

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ