■スポンサードリンク■

猫の集会は本当に存在するのか?集会を開催する秘密に迫る!画像あり

空前の猫ブームといわれている近年。

数年前までは、圧倒的に犬の方が人気が高く猫の人気は今ほどありませんでした。

ですが、タマ駅長を始めやテレビで、マスコット的な猫の存在が増えるにつれて、猫の人気はあがってきましたよね。

 

そこで、今回は猫の不思議について、少し調べて見ました。

調べた内容は「猫の集会」についてです。

猫の集会 画像 意味 秘密

誰もが1度、聞いたことある言葉ではないでしょうか?

 

■スポンサードリンク■



猫が集会をすることが発見されたのは?

猫の集会の歴史は、意外と古いと言うことがわかりました。

集会を発見したのが、ドイツの動物学者のパウル・ライハウゼン氏で1973年ごろには既に報告されていました。

数匹から数十匹の猫が、一定の場所に集まっていたらそれは猫の集会で間違いないでしょう。

猫の集会 画像 意味 秘密4

開催される時間は、夕方から夜が一番多く、これはおそらく猫が夜行性の生き物だからではないかといわれていますが、稀に白昼行われることもあるようです。

 

猫の集会の参加猫や時間・場所について

オス、メス、子猫がこの集会に参加しているといわれています。

同じ地域に住む猫すべてがこの猫の集会に参加する権利があるといわれています。

開催される場所は、神社やお寺、空き地、駐車場で集まっている姿が目撃されており、集会の時間は約1時間程度行われ、時間がたてばそれぞれのテリトリーに帰るといわれています。

 

<集まって何をしているのでしょうか?>

基本的には、猫たちが一定の距離を保ってただ座っているだけです。

その距離は約1.8~4.5mだといわれており、地域猫でも仲の良い悪いはあると思いますが、ケンカすることなく、それぞれの猫が緩やかな円を描いて座っているといわれています。

 

何の目的で集まるのか?

基本猫は、単独で行動し縄張り意識がたいへん強い動物です。

今回の猫の集会でポイントとなるのが、この縄張り意識が強いというところです。

皆さんは、猫同士のケンカをみたことがありますか?

自分の縄張りに入ってきた猫に対して、威嚇しテリトリーかた追い払おうとします。

そんな縄張り意識の強い猫が、数十匹多いときでは集まる猫の集会には不思議が沢山ありますよね?

いったい何の目的で集まるのでしょうか?

 

①同じ地域の猫が集まって、よそ者がいないか確認している

②エサの到着を待つようになって、いつのまにかそこの場所に集まるようになった。

③繁殖の季節にあつまるようになった

等の意見がありました。

しかし、報告から何年たった今でも未だに猫が集会を開く目的は、ハッキリとわかっておりません。

 

それでも一番、近い答えがエサと関係しているのではないか?と言われています。

猫の密度の高い地域では、狩場は複数の猫は自然と共有してしまうことになり、その度にケンカをすると大変猫にとってリスクが上がりますよね?

エサが手に入るなら、縄張りが重複しても争わない・・つまり猫間でも協力行為が出来るのではないか?という見方があります。

このように、定期的に猫の集会を開催し顔を合わせニオイや姿を確認しあっているのではないかと言われています。

 

他にも、発情のシーズンとの関係もあるのではないかと言われています。

この猫の集会は開かれるのは、夏から秋が一番目撃が多いと言われており、そこで猫の発情の周期について調べて見ました。

すると猫の発情の周期は、3ヶ月ほどといわれており、1~2月・5~6月・8~9月ごろだといわれています。〈個体差有ります)

夏から秋が一番多いということと比べてみると、若干ズレがあるように感じますので、はやり①②の方が、猫の集会の開催理由ではないでしょうか?

 

まとめ

今回は「猫の集会」についてお届けいたしました!

猫の集会 画像 意味 秘密2

 

猫の集会 画像 意味 秘密3

いまだに理由が完全解明されていない猫の集会。。。

でも、写真の通り、たくさんの可愛い猫さんが集まっている姿は癒されますよね♪

 

 

 

 

 

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ