■スポンサードリンク■

男性の貧血は重病の危険信号?!男性の貧血で疑われる病気とは

女性に対して男性の貧血ってあまり話題にされませんよね。

女性の5人に1人が貧血もちと言われていますが、男性で貧血もちの方はとても少ないと感じられます。

 

しかし「男性の貧血」には実はとても危険が潜んでいることがあるのです。

 

男性の貧血は重病の危険信号?!男性の貧血で疑われる病気とは1

 

貧血もちの男性は要チェックですよ!

今回は「男性の貧血は重病の危険信号?!男性の貧血で疑われる病気とは」と題してお届けいたします!

 

■スポンサードリンク■


どうして男性の貧血患者は少ないのか?

学生時代の全校朝礼などを思い出してください。

必ず1,2人は貧血で倒れたり、座り込んでしまう人がいませんでしたか?

そして、そのほとんどが女の子。

 

それでは、なぜ男性より女性の方が貧血もちが多いのでしょうか?

その理由は、女性には毎月「生理」があり、これにより

“ 血液を失う=鉄分を失う→貧血(鉄欠乏性) ”

になるという訳です。

 

◇関連記事:意外に知られていない貧血の種類!貧血の予防と改善方法について

 

男性には生理がないですし、血液を失う機会があまりありませんので、貧血にならないわけですね。

また、男性ホルモンは女性ホルモンに比べて「血液を多く作るように指令」を出します。

男性ホルモンが多いとそれだけ血も多く作られ、貧血になりづらいわけです。

 

この症状に当てはまったら貧血かも!

貧血になったことがない人は、そもそも貧血の症状が分からないもの。

ここでは貧血の主な症状をお伝えいたします。

 

・失神や立ちくらみがあったりめまいがあったり、立っていられなくなる

・息切れや動機など、息苦しさを感じる

・体がだるかったり、疲れたりと肉体的につらい

・顔面蒼白

・頭、胸の痛み

 

これらの症状のうち、複数当てはまった方は貧血の可能性が高いです!

 

男性の貧血で疑われる病気とは?

身体の構造から女性より貧血になりづらい男性ですが、男性が貧血になった場合、どんな病気の可能性があるのでしょうか??

ここでは男性が貧血になった時に疑われる病気についてお伝えいたします。

 

男性が貧血になった際に疑われる病気

・十二指腸潰瘍

・胃がん

・大腸ポリープ

・大腸がん

 

これらはいずれも「体内での出血」を引き起こす病気となります。

出血により血液が失われますので、女性の整理の時と同様に鉄分が失われ貧血になる可能性があるのです。

 

上記で述べた4つの病気の他に疑われる病気は

・慢性肝不全

また“慢性腎不全”の人には「腎性貧血」という貧血が見られます。

 

「腎性貧血」とは、本来腎臓で作られる造血因子が腎臓の機能不全によって必要数が作られなくなり(赤血球の数も減るので)、貧血になります。

 

まとめると男性貧血が多い方は

・十二指腸潰瘍

・胃がん

・大腸ポリープ

・大腸がん

・慢性肝不全

上記5つの病気の可能性があります。最近、貧血気味だな、っと思ったら、早めの診療をお勧めしますよ!!

 

貧血の改善法&予防法

それでは貧血を改善・予防する為には何をしたらよいのでしょうか?

まず一番のおススメするのは「食生活」の改善です。

 

男性の貧血は重病の危険信号?!男性の貧血で疑われる病気とは2

 

偏食はしていませんか?三食しっかり食べていますか?お酒は飲みすぎていませんか?インスタント食品ばかり食べていませんか?

 

貧血は口に入れるものに意識を向けるだけで劇的に症状を改善することが可能です。

主食・主菜・副菜をしっかり考えて摂取し、栄養をしっかり摂りましょう。

 

貧血になると、体全体に酸素を供給することが困難になり、全身が冷たく感じることがあります。

そういったときは体を温め、血行を良くすることで酸素不足を補ってやる必要があります。対処療法として、頭をひくし、足を高くして横になると良いみたいですよ。

 

また、サプリメントという選択肢もあります。

コンビニなど、手軽に買うことができるのでまずは騙されたと思って初めて見ると改善するかもしれません。

 

まとめ

今回は「男性の貧血は重病の危険信号?!男性の貧血で疑われる病気とは」と題してお届けいたしました。

いずれにしても、男性が貧血になる場合は隠れた大きな疾患が体のどこかにある可能性があります。

無理して放っておかないで、速やかな受診をお勧めします。

 

貧血自体はそこまで治るのに時間もかかりませんし、そんなことで苦しんでいてはもったいないです。

まして、無理して受診しないで、例えば大腸がんで大腸全摘出しなきゃいけなくなって、人工肛門にしなきゃいけなくなって・・・なんてなったら一大事です!

 

男性の貧血はすぐ受診を!ぜひ徹底してください。

◇関連記事:意外に知られていない貧血の種類!貧血の予防と改善方法について

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

One Response to “男性の貧血は重病の危険信号?!男性の貧血で疑われる病気とは”

コメントを残す

このページの先頭へ