■スポンサードリンク■

運動の3時間前に飲むとダイエット効果大!カフェインのメリット・デメリット

緑茶やコーヒー、エネジードリンクに多く含まれているカフェインですが、みなさんも覚醒効果を期待して作業中に摂取したりするのではないでしょうか。

 

しかし覚醒効果などのメリットがあるからといって、過剰にカフェインを摂取すると逆に身体に悪影響を及ぼししてしまいます。

 

運動の3時間前に飲むとダイエット効果大!カフェインのメリット・デメリット1

 

今回は「運動の3時間前に飲むとダイエット効果大!カフェインのメリット・デメリット」と題しましてカフェインのメリットとデメリットについてまとめてみました。

 

■スポンサードリンク■


カフェインのメリットまとめ

まず初めにカフェインを摂取することのメリットについてお届けいたします。


・集中力UP

・眠気覚まし

・運動機能上昇

・痛みを抑える鎮痛効果

・ダイエットにも有効

・がんを再発させない効果

 

他にも・・・

・利尿効果

・低血圧改善効果

・脂肪酸増加による呼吸量・熱発生による皮下脂肪燃焼効果

・胃酸の分泌を促進し、消化活動を助ける

・ボケ予防


上記のようにカフェインは非常にメリットが高い成分だという事がわかります。

 

 

カフェインのデメリットまとめ

続いて良い所だけではなく、カフェインのデメリットについてお届けいたします。


・カフェイン過剰摂取によるカフェイン中毒

・カフェインの日常的な摂取による軽い精神依存

・薬物耐性があり摂取しすぎると上記のメリットが薄くなる

・離脱性頭痛がある


離脱性頭痛とは

カフェインの摂取を中断してから12時間から24時間後に発生し、ピークはおよそ48時間後で、通常は2日から9日間で収まるとされる。離脱性頭痛は、カフェインを1日平均235mg摂取していた人の場合、中断後の2日目で52%が経験する。長期間のカフェイン摂取者の場合、離脱時症状は抑うつ、不安、胃腸不快感、筋肉痛、カフェイン摂取欲求などが報告されている。(wikipediaより)

 

カフェインのメリットに鎮痛効果がありますが、取りすぎると逆に頭痛を起こしてしまう事があるのですね~。

なんでもそうですが、過剰摂取は体によろしくないようです。

 

 

カフェインを含む飲料と飲んでから効果が表れるまで

ここではカフェインを含む飲料と、カフェインを飲んで効果が表れるまでの時間についてお届けいたします。

 

<100mlあたりのカフェイン含有量について>

・玉露                                   180mg

・コーヒー(ドリップ)       100mg

・コーヒー(インスタント)     65mg

・ココア              50mg

・栄養ドリンク           50mg

・抹茶               45mg

・コーラ              35mg

・紅茶               30mg

・緑茶               30mg


意外なのがコーヒーより玉露の方がカフェインを多く含んでいる点。

 

運動の3時間前に飲むとダイエット効果大!カフェインのメリット・デメリット3

 

また、コーヒーにはおり劣りますが、抹茶や緑茶も意外とカフェインが多く含まれているのですね!

 

<カフェインの効果が出るまでの時間>

カフェインが中枢神経系に作用するのは摂取してから30分後くらいだとされています。

また、効果が持続するのは8~14時間程度とされています。

 

それではダイエット効果に期待したい場合何時間前ぐらいにコーヒーなどのカフェインを含む飲料を飲むが一番効果的なのでしょうか?

 

運動の3時間前に飲むとダイエット効果大!カフェインのメリット・デメリット2

正解は3時間前!

カフェイン摂取後、皮下脂肪燃焼作用が一番強いのは3時間程度と言われています。

ダイエットを目的としたカフェイン摂取の場合は運動の3時間前に飲むのがおススメですよ!

 

 

カフェインを含まない代替品の存在、知ってますか?

ここまでカフェインのメリットとデメリットをご紹介いたしましが、妊娠などの理由でどうしてもコーヒーなどが飲めない方はカフェインを含まない、または通常よりカフェインの量を抑えた代替商品をおススメいたします。

 

<カフェインを含まない代替品>

・ノンカフェインコーヒー

・ノンカフェイン紅茶

・ノンカフェインコーラ

 

<カフェインが少ない飲料>

・ルイボスティー

・ゆず茶

・麦茶


成城石井やカルデイコーヒーなどでもノンカフェインの代替品を取り扱っているようです。

妊娠中の方や、コーヒーが好きだけでカフェインに敏感で眠れなくなってしまう方は、ぜひ、店員さんに「ノンカフェインの商品ありますか?」と尋ねてみてくださいね!

 

まとめ

今回は「運動の3時間前に飲むとダイエット効果大!カフェインのメリット・デメリット」と題しましてカフェインのメリットとデメリットについてお届けいたしました。

 

カフェインには多くのメリットがありますが、その裏にはデメリットも多く存在しているのが現実です。

といっても、缶コーヒー1杯だとか、そのレベルでしか日常的に摂取していない人は過剰摂取を気にする必要はないですので安心してくださいね!

 

ダイエットの為にカフェインを摂取している方はまだまだ少ないと思いますので、夏に向けてダイエットを考えている方は、運動の3時間前にカフェインを飲んでみてください(^-^)

 

◇関連記事:カフェインのメリット!ダイエットや鎮痛効果があるって知ってた?

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ