■スポンサードリンク■

そばかすの種類と対策について!遺伝型と後天型の違いとは?

お肌な悩みを抱えている人、多いですよね!

特に女性は「ニキビ」「肌荒れ」「そばかす」などお肌なの悩みは尽きないものです。

 

そばかすの種類と対策について!遺伝型と後天型の違いとは?1 エマワトソン

エマワトソンぐらい美人なら、そばかすなんて気にすることないと思いますが、そばかすに悩んでいる方、多いのではないでしょうか?

 

今回は、お肌の悩みの一つ「そばかす」をピックアップして「そばかすの種類と対策について!遺伝型と後天型の違いとは?」と題してお届けいたします。

 

■スポンサードリンク■


遺伝型のそばかす

そばかすには2つのタイプが存在します。その一つ目は「遺伝型」のそばかすです。

 

その名のとおり、両親からの遺伝で症状が現れる場合で、ほとんどの人は遺伝が原因でそばかすができるようです。

 

そばかすの種類と対策について!遺伝型と後天型の違いとは?2

 

そばかす自体が遺伝するわけではなくて、そばかすができやすい体質が遺伝するので、遺伝していても実際にそばかすができない場合もあるようです。

 

また、遺伝で発症するそばかすは思春期にできはじめ、思春期の終わりごろに自然と消えることが多いと言われています。

子供のうちはそばかすができたとしても、大人になれば消えるケースがほとんどですので、下手に消そうとするよりも成長を待った方がお肌のためです。

 

もし大人になってもそばかすが消えないようですと、もう一つのタイプである可能性があります。

 

 

後天型のそばかす

2つめのタイプは、後天型そばかす。大人になってからできるそばかすです。

後天型のそばかすはは、年齢を重ねても自然と消えることはないと言われています。というか、むしろ濃くなっていきます。

 

遺伝型のそばかすはだんだん消えていったり、薄くなっていくことがほとんどですが、後天型のそばかすは消えることが少ないので厄介です。

 

 

なぜそばかすが出来るのか?

ここでは、なぜそばかすが出来るのか、その原因とメカニズムについて説明いたします。

まず、そばかすの主な原因についてですが、簡単にいうと「紫外線の浴びすぎ」です。

 

そばかすの種類と対策について!遺伝型と後天型の違いとは?3

 

紫外線を浴びると、”活性酸素”という、体を酸化させたり錆や老化の原因となる物質が発生します。

紫外線を浴びて、活性酸素が発生した時に”メラニン色素”いうものがメラノサイトというお肌の細胞から発生します。

 

メラニン色素は日焼けの原因にもなる物質でお肌を黒くする効果があります。

 

ある程度の量まではメラニン色素をうまく排出できるように体はプログラムされていますが、紫外線を浴びすぎてメラニン色素が排出できないほど生成されると、行き場のないメラニン色素は肌の奥にとどまり、黒褐色の色素が定着し「そばかす」として肌に残るのです。

 

紫外線の浴びすぎが主な原因になりますが、生活習慣によってもそばかすは出来やすくなります。

 

例えば、誤ったスキンケア。これは注意が必要です。

メラニン色素は紫外線だけではなく、摩擦や化粧品の刺激などによっても生成されやすくなると言われいますので、誤ったスキンケアや、化粧品に入っている成分に注意することが重要ですよ!

 

 

そばかす対策とは?

それではそばかすが出来ないように、どのように対策をすればよいのでしょうか?

簡単にまとめる以下の3つが大切です。

 

・紫外線を浴びすぎないように対策する

・正しいスキンケアをする

・食生活などの生活習慣を見直す

 

日差しの強い日は日傘をさしたり、化粧の仕方や、化粧品自体を肌に優しいモノに変えることがそばかすを作らない対策につながります。

 

 

そばかすができてしまったら?

それでは、後天的にそばかすが出来てしまったら、どのような対策をすればよいのでしょうか?

そばかすができてしまった場合、メイクで隠すか、皮膚科にいって治療するしかありません。

 

そばかすの種類と対策について!遺伝型と後天型の違いとは?4

 

そばかすは肌荒れなどとは違い、行き場のないメラニン色素が肌の奥にとどまっている状態なので、自然に消えたり改善されることがありません。

「今すぐ消えてほしい!!」って人はやはり皮膚科で治療するのがいちばんです。

 

 

まとめ

今回は、お肌の悩みの一つ「そばかす」をピックアップして「そばかすの種類と対策について!遺伝型と後天型の違いとは?」と題してお届けいたしました。

子供のうちは対策しなくても大丈夫ですが、大人になってからも消えないで残っていて、目立たなくしたいなら、日常の中で気を付けていく必要がありますので、正しい対策穂・予防法を学んで実行していきましょう!

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ