■スポンサードリンク■

福沢諭吉は何をした人?政府公認の通訳者で慶応大学を作った人だ!

福沢諭吉ってどんな人?」って問いに、「1万円の人」って言うだけではなく、これまで書いてきた内容を断片的にでもいうことができれば、教養があるなって思ってもらえるのではないでしょうか?

 

福沢諭吉は何をした人?政府公認の通訳者で慶応大学を作った人だ!

 

今回は「福沢諭吉は何をした人?政府公認の通訳者で慶応大学を作った人だ!」と題しまして福沢諭吉についてお届けいたします。

 

 

福沢諭吉の略歴

まずはWikiより引用して福沢諭吉の略歴をおさらいしてみます。

 

福澤 諭吉(ふくざわ ゆきち、新字体:福沢 諭吉、天保5年12月12日(1835年1月10日)- 明治34年(1901年)2月3日)は、日本の武士(中津藩士のち旗本)、蘭学者、著述家、啓蒙思想家、教育者。

慶應義塾の創設者であり、専修学校(後の専修大学)、商法講習所(後の一橋大学)、神戸商業講習所(後の神戸商業高校)、土筆ヶ岡養生園(後の北里研究所)、伝染病研究所(現在の東京大学医科学研究所)の創設にも尽力した。

新聞『時事新報』の創刊者。

他に東京学士会院(現在の日本学士院)初代会長を務めた。

そうした業績を元に明治六大教育家として列される。

昭和59年(1984年)から日本銀行券一万円紙幣表面の肖像に採用されている。(wikipedia)

 

福沢諭吉は学問の大切さを人々に説き、西洋文明を日本に初めて持ち込んだと言われています。

代表作は「学問のすすめ」「西洋事情」などです。

また、慶応大学の創設者とう点でも有名ですよね!

 

1834年 中津藩の下級武士の福沢百助(ふくざわ ひゃくすけ)の次男として、大阪で生まれました。

百助は学問があり、すぐれた人物ではあったものの、身分制度のため武士でも出世することができませんでした。

これは後に「身分制度は親の敵(かたき)である」と福沢諭吉が考えるきっかけになります。

 

 

福沢諭吉年表

◆1836年

父の百助が死に、福沢諭吉が大阪から中津に帰ります。

 

◆1854年

福沢諭吉が兄の三之助(さんのすけ)と一緒に長崎で蘭学(らんがく)を学びます。

蘭学とはオランダの学問のことです。

 

◆1858年

福沢諭吉が江戸で蘭学(らんがく)の塾を開きます。

この少し前に大阪でも学んでいます。

 

◆1859年

横浜を見物して、見つけた外国人にオランダ語で話しかけてみますが、まったく話が通じず、大ショックを受けます。

このことがあって、諭吉は、これからは英語が必要であることを知り、英語の勉強を始めました。

 

◆1860年

福沢諭吉がはじめてアメリカに行きます。

 

◆1861年

福沢諭吉が江戸幕府の通訳(つうやく)としてヨーロッパ諸国へ同行。

そして、「西洋事情(せいようじじょう)」を発行します。

「学問のすすめ」ほど有名ではありませんでしたが、この本で日本人は西洋を知ることができました。

 

◆1864年

福沢諭吉が江戸幕府の翻訳御用(ほんやくごよう)になります。

 

◆1867年

福沢諭吉が軍艦を受け取るため、再び、アメリカに行きます。

 

◆1868年

福沢諭吉が慶応義塾(けいおうぎじゅく 今の慶応義塾大学)を開きます。

 

◆1872年

福沢諭吉が「学問のすすめ」を発行します。

 

◆1882年

「時事新報(じじしんぽう)」を発行します。

 

◆1901年

病死(68才)


享年68才で人生の幕が下りた福沢諭吉。

年表を見てわかるかと思いますが、福沢諭吉は「政府公認の通訳者」として、活躍していたのですね!

 

 

福沢諭吉の名言

さてここからは、福沢諭吉の名言をまとめてみましょう。


学問を志した以上、大いに学問に励むべきだ。

農業に就くなら豪農に商業に入るなら大商人になりたまえ。

 

学生は小さな安定に満足してはならない。

 

粗衣、粗食、寒暑に耐え米をまき、薪を割り、それでも学問はできるのである。

 

学問の本質は学問を自分がどう活用できるかにかかっている。

 

現実社会に応用できないような学問は無学と言われても当然である

 

努力は「天命」さえも変える。

 

やってもみないで「事の成否」を疑うな。

 

自分の考えだけで、他人を評価してはならない。


 

私は個人的に下記の名言が非常に好きです。

”粗衣、粗食、寒暑に耐え米をまき、薪を割り、それでも学問はできるのである”

社会人になり学問とは離れていますが、仕事にも目標があり、人生にも目標があり、向かっていかなくてはならないと感がながら、日々の生活に追われ目標に向かう行動ができず、言い訳をしてしまっているなぁ、と改めて考えさせられました。

 

”やってもみないで「事の成否」を疑うな”

企画系の仕事をしていると、口だけの評論家の批判に合い、なかなか仕事進まないことがあります。

また、私自身も固定観念により、人のアイディアを否定してしまう事も正直あります。

しかし「やる」という土俵に立った人間だけが「成否」という結果を得られ、それが良い結果であれ、悪い結果であれ、自己成長に通じるのだと私は考え、「やる」とう土俵に立たずに安全な所から口だけ出すなら、初めから何も言わないでいてもしいですよね~。

 

まとめ

今回は「福沢諭吉は何をした人?政府公認の通訳者で慶応大学を作った人だ!」と題しまして福沢諭吉についてお届けいたしました。

この記事を読んで少しでも福沢諭吉のことが理解できたなら幸いです。

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ