■スポンサードリンク■

寝る時にマスクをすると良いって本当??メリット・デメリットまとめ

夏真っ盛りですね!毎日暑い日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

夜も熱い日が続いているので、冷房を付けたまま寝てしまい、乾燥によって喉を傷めてる人も多いのではないですか?

 

冷房の乾燥対策に関わらず、冬の風邪予防、そして美容の為にマスク付けてて睡眠を取っている方いらっしゃいますよね。

 

マスク 睡眠 メリット デメリット

 

でも、マスクをつけて寝ることってそれほど良い事なのでしょうか??

今回は寝る時にマスクをすると良いって本当??メリット・デメリットまとめ」と題してお届けいたします。

 

 

■スポンサードリンク■


睡眠時のマスク着用メリット

マスクはご存知の通り、感染症などの感染を拡大しないように用いられるのが一般的ですが、健常児でも寝る時にマスクをすると、のどの粘膜を保湿してくれます。

 

マスクにはウイルスをブロックする効果はありませんが粘膜に潤いを与え、保湿をすることでウイルスの活動を鈍らせることができます。

ウイルスの活動が鈍くなると炎症が拡大するスピードが落ち、のどが痛くなることを予防してくれます。

 

多くの風邪はまず喉がやられてしまいますので、のどを守ることで体も守ることができるんですね。

 

また、効果が確証しているわけではないですが、お肌を保湿する効果もあるとされています。

理由はマスク内が高湿度の状態が保たれるからです。ですが、敏感肌の人がこれをやると逆にお肌トラブルの原因になってしまいますので、自分が敏感肌だと思う人は実践しない方がいいでしょう。

 

加えて、自分が吐いた湿っていて比較的高音な空気を吸うことになるので体温を上げる効果もあります。

 

冷たい空気を吸うと体が冷えてしまい、寝つきが悪くなったり免疫力が低下する傾向にあると言われています。


 

マスクを着用して睡眠することのメリットをまとめると

①喉粘膜の保湿

②肌の保湿効果

③体温を上げる効果

 

 

睡眠時のマスク着用デメリット

続いて睡眠時のマスク着用のデメリット、悪い点についてお届けいたします。

 

まず1つ目は「睡眠の質が悪くなる」かもしれません。

先ほど寝つきが良くなるとは言いましたが、寝る時にマスクをしていると息苦しくて起きてしまったり耳が痛くなったりする場合があります。

 

私も花粉症がひどく春先はマスクをいつも着用していますが、耳が痛くなるところが嫌いです。。。

 

この辺りは個人差がありますので寝つきに関しては参考までにしておいてください。

 

また、保湿効果があだとなり、お肌トラブルの原因となる可能性があります。

マスク内は高温度・高湿度に保たれるので、ニキビやカビの原因となる最近の繁殖を手助けしてしまう恐れがあります。

 

特に、ニキビに関してはマスクと肌が擦れてしまうと悪化してしまいます。

ですので現在進行形でニキビに悩んでいる方は寝ながらのマスクはしない方がいいでしょう。

 

ちなみに、もちろん皆さん分かっているとは思いますが、毎回マスク交換していますよね・・・?

前日使ったマスクなんかまた使っていたら最悪ですよ!

前日に使ったマスクの内面には細菌が多く繁殖している恐れがあり、それをお肌にダイレクトにこすりつけているようなものです。

絶対にやめましょう。


 

マスクを着用して睡眠することのデメリットをまとめると

①睡眠の質を低下させる可能性あり

②ニキビなどお肌のトラブルに影響を与える

 

 

まとめ

今回は寝る時にマスクをすると良いって本当??メリット・デメリットまとめ」と題してお届けいたしました。

私の正直な意見を述べると「寝る時はなるべく空気を加湿するこれが一番だと思います。

加湿器か洗濯物を干して部屋自体の湿度を高めましょう。

 

マスクをして寝ると確かにのどの乾燥を防止しますが、衛生面からあまりおススメはできません。

風邪などで喉が痛くて痛くてどうしようもない時以外は、お肌の子とも考えてマスクを外して睡眠を取られるのが良いと思います。

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ