■スポンサードリンク■

高齢社会到来!失敗しない特別養護老人ホームの選び方とは?

高齢社会到来に伴い、介護を必要としている方が増えています。

 

そこで、今回は、介護保険施設でも人気が高い、「失敗しない特別養護老人ホームの選び方」をご紹介します。

 

まず、特別養護老人ホームが人気の理由は、最後まで介護してくれるとう点があると思います。

 

最後までとは、亡くなるまでということです。

 

介護離職が問題になっていることからも分かるように、家族だけで介護をするのはとても大変なことです。

既に経験された方なら、だれしもご理解いただけるのではないでしょうか?

 

そんなか、一度、介護を依頼したあと、特別な病気等がない場合は最後まで介護してくれます。

 

高齢社会到来!失敗しない特別養護老人ホームの選び方とは?

 

このような、特別養護老人ホームですが、後悔しないための選び方を紹介します。

 

■スポンサードリンク■


苦情をオープンにしている

2000年に介護保険制度が導入され、利用者と施設の関係が対等となる、「契約」という方式になりました。そこで、利用者や家族からを自分たちの権利をきちんと主張できるようになったのです。

 

介護保険施設で苦情はあって当たり前です。

苦情があり、それを活かしていかに良い施設を目指しているかという施設がオープンになっているかということです。

 

よく、スーパーに「お客様の声」みたいなものが貼られて、それに店長等が応えているのを目にしませんか?あれと同じです。

 

例えば、苦情を広報誌やホームページにオープンにして、どのように取り組んだか書かれていれば、参考になるでしょう。

 

施設全員が一体となっている

特別養護老人ホームは介護職員、看護師、介護支援専門員、栄養士、生活相談員、調理師等、様々な職種で構成されています。

 

介護をするのは勿論、介護職員です。その介護を施設一体となって実施できているかということです。

 

例えば、栄養士や介護支援専門員も協力して介護に携わる場面があるかということです。因みに、私の経験した施設では食事介助は事務職員以外、全員できました。特に、難しい方には、普段からお世話している介護職員がしたらいいと思います。

 

それと、施設長や事務長といった役職の方たちが、どれほど現場に出てきているかでしょう。

大きな施設や天下りのあるところでは、このような方は自分の部屋に閉じこもり、利用者のことを知ろうとしません。

トラブルが起きてから、名前と顔が一致するといった具合です。

 

 

職員の年齢層にムラがない

経験があればいいということでもありません。若いからいいということでもありません。

 

いい施設は、高校卒業してすぐの職員もいたら、定年前の職員がいます。また、30代、40代といった働きざかりも在職しています。

 

これは、なにごとも、様々な角度から見ることができるということです。

 

高齢社会到来!失敗しない特別養護老人ホームの選び方とは?2

 

何か課題やトラブルに直面した場合、若い人の意見でなく、経験豊富なベテランさんの意見が聞けるのです。さらに、柱となる、30代、40代が引っ張っているということに繋がります。

 

 

ま と め

これらのことをまとめて、見学する際のポイントを書き出しました。

 

①玄関を入って、事務職員を観る。

事務室から出てきてきちんと挨拶してくれるかどうか。

笑顔で迎えてくれるか。

お客さんという対応をしてくれるか。

・・・・確認してみましょう。

 

②できれば施設長と話をしてみる。

見学では、生活相談員が対応することが多いと思いますが、あえて、「施設

長さんともお話がしたいのですが・・・」と言ってみましょう。

そこから、本質が見えてくるはずです。

 

③事前にホームページを確認しておく。

「ホームページでは○○でしたが、実際○○なんですか?」と聞いてみる

と良いでしょう。そのときの職員の反応や、実際の答えから感じるものが

あるはずです。

 

④質問はより具体的に突っ込んで!

職員の知識もわかりますし、不安も解消されるでしょう。

こんなことを聞いたら「気まずいかな・・・」「入所の前から、こんなこと聞けない・・・」といった気持ちは不要です。

 

参考にしていただければ幸いです。

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ