■スポンサードリンク■

在宅介護の基礎知識と制度について。旅行で家を空けたい時の方法などのまとめ

自宅での介護、”在宅介護”についてご説明します。

在宅介護は,要介護度が3ぐらいまでの方が多いです。

とは言っても、一人暮らしの高齢者を離れた子供が介護する場合もあれば、老夫婦だけの世帯で高齢者が高齢者を介護する「老老介護」、認知症の方の介護を認知症の方が介護する「認忍介護」等があります。

 

いずれにしても”在宅介護”というのは非常に家族の負担になるのです。

 

在宅介護の基礎知識と制度について。旅行で家を空けたい時の方法などのまとめ

 

今回は「在宅介護の基礎知識と制度について。旅行で家を空けたい時の方法などのまとめ」と題して在宅介護が上手に行えるようになる為のお話をします。

 

■スポンサードリンク■


在宅介護:入浴に困ったとき

在宅介護で大変な事の一つに入浴があります。

寝たきりの方、それに近い方の入浴は介護の仕事をしている私でも大変です。

訪問入浴」というサービスをご存知ですか?

 

簡易的な浴槽を車で持って来てくれるのです。

そして、スタッフさんが入浴のお手伝いをしてくれます。

このサービスは、家の外に出ることができない方にお勧めのサービスです。

 

ある程度、活動性のある方は、あとで説明致しますが、「デイサービス」の利用も可能でしょう。

 

 

在宅介護:おしゃべりや楽しいひと時を過ごしたいとき

毎日自宅で過ごしていると、介護する家族も勿論ですが、高齢者のご本人もストレスが溜まります。

そこでお勧めなのが、「デイサービス」です。

認知症はあっても、おしゃべりができるかたが多く利用していますので、お友達とのおしゃべりやレクリエーション活動が楽しめます。

 

家族はその間、身体を休ませると良いでしょう。

 

デイサービスは「憩いの場」といった感じです。

 

 

在宅介護:リハビリが必要な場合

介護保険の制度上でのリハビリといえば今以上衰えないようにするリハビリです。

ですので、脳梗塞を発症してすぐの病院で行われるようなリハビリではありません。

 

例えば、

何とか自力で歩くことができているので、今後もなるべくこの状態を維持したい

とか

車椅子からベッドへの移るときは、一時的に立つことができるので、今後も介助なしでひとりで生活できればいい

といったときが対象になります。

 

リハビリの定義は専門的には多岐に渡りますが、ここでは身体的なことに対してのリハビリとしてお話します。

 

リハビリができるザービスは「訪問リハビリ」や「デイケア」等があります。

訪問リハビリは、自宅にリハビリのスタッフが来てくれて実施してくれますし、こちらが出向いて日中の活動の中で実施してくれる「デイケア」等もあります。

いずれにしても、スタッフにどこまでの回復を望むのか伝えて、方向性を相談し意思を統一することが大切です。

 

在宅介護:旅行などで家を空けたい場合

介護ばかりでは精神的に参ってしまいます。

そんな時にリフレッシュを兼ねて旅行に行ったり、冠婚葬祭に参加する場合に、短期間の宿泊ができるのが「ショートステイ」です。

 

ショートステイは特別養護老人ホームに併設されていることが多く、職員は勿論介護のプロです。

利用は一泊二日から可能です。

 

在宅介護で家を空けられない場合はお近くの特別養護老人ホームに「ショートステイをおこなっていますか?」と聞いてみてください。

 

 

在宅介護:医療的な処置が必要な場合

血流が悪くなり皮膚が壊死していく「じょくそう」の処置や、糖尿病でインスリンを自分で打てない時、等に利用できるのが「訪問看護」です。

訪問看護は医療行為を専門の医師が自宅に来て行ってくれます。

 

訪問看護は医師の同意が必要ですので、自分たちで一方的に実施することができません。まずは、ケアマネジャーや主治医と相談するといいでしょう。

 

 

在宅介護:家族だけの力では介護が難しいとき

家族だけの力だけでは介護が難しい場合は「訪問介護」があります。

 

一般の方は「ヘルパーさん」等と呼ぶことが多いですね。

訪問介護は一人暮らしの高齢者の自宅にも行くことができます。

例えば、食事を作ったり、掃除をすることも含まれます。

これを家事援助といいます。

 

勿論、直接介護に関わってくれますので、オムツ交換や清拭、食事介助を行ってくれます。

 

 

まとめ

今回は「在宅介護の基礎知識と制度について。旅行で家を空けたい時の方法などのまとめ」と題して在宅介護が上手に行えるようになる為のお話をしました。

 

<在宅介護の基礎知識と制度のまとめ>

入浴に困ったとき

おしゃべりや楽しいひと時を過ごしたいとき

リハビリが必要な場合

旅行などで家を空けたい場合

医療的な処置が必要な場合

家族だけの力では介護が難しいとき

 

事前に在宅介護に関して情報を集めておくと、「介護をする方」も「介護をされる方」もそれぞれの負担がが軽減されます。

将来の為にも今回の記事がお役に立てば嬉しいです。

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ