■スポンサードリンク■

認知症の原因と種類。介護保険を使用して治療したい場合の相談先について

認知症」は数年前までは「痴呆症」と呼ばれていました。

これで漢字の持つ意味を考えると、適切でないとされ、現在は「認知症」と言われています。

 

認知症の原因と種類。介護保険を使用して治療したい場合の相談先について

 

認知症といっても、原因も種類も実にさまざまなのです。

また、完全に解明できていない認知症もあります。

 

認知症は本人の自覚症状がなく、例えば家族に認知症者が出た場合、どのような行動をとればよいのか困惑してしまいますよね。

今回は「認知症の原因と種類。介護保険を使用して治療したい場合の相談先について」と題して認知症についてお届けいたします。

 

 

■スポンサードリンク■


認知症の種類:脳血管性認知症

脳血管性認知症は脳梗塞等を発症したあと、脳の血管が詰まったりして脳の機能が働くなったときに起こります。

ですので、脳梗塞の後遺症である片麻痺や言葉の言葉をうまくしゃべれないといった症状がある人に見られます。

 

 

認知症の種類:アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症は脳が萎縮してスカスカになってしまい、脳の機能が働くなったときに起こります。

このアルツハイマー型認知症については、「なぜ、脳が萎縮していくのか?」研究の最中なのです。

どうやら、特殊なたんぱく質が関与しているところまでは分かってきているようですが、まだまだ、解明されていないことが多いようです。

 

 

認知症の種類:レビー小体型認知症

レビー小体というたんぱく質の名前です。

脳の大脳皮質や脳幹にこのたんぱく質が多く集まり神経細胞が壊れ減少していくのです。

そして神経を上手に伝えられなくなり認知症となるのです。

 

 

認知症の種類:ピック病

脳の前方にある部分(前頭葉)と横側(側頭葉)が萎縮して発症します。

若年性認知症の原因にもなるもで、働き盛りの40代~50代の方にも現れます。仕事で状況に合わない言動があれば疑います。

 

 

認知症の発見:家族が気付いてあげる

認知症で受診するケースはほとんどが周囲の発見です。

家族が早期に気付いて受診をしましょう。とは言っても、本人を無理に病院に連れて行くことが出来ない場合があります。

そのようなときは一人で抱え込まず、親戚や知人に相談しましょう。

 

また、最近の病院は「物忘れ外来」と呼ばれる科もできています。

本人を病院に連れて行くことが出来ない場合は、まずは専門の病院へ電話だけでもして相談することをお勧めします。(既にかかりつけの医師がいる場合はそちらで相談しても構いません)

 

病気によっては治るものもありますし、薬の服用で進行を遅らせることもできます。

 

 

認知症と介護保険

介護保険サービスを受ける前に、認知症かどうか心配だという人は最寄の「地域包括支援センター」まで相談しましょう。

そちらでは様々な資格を持った専門のスタッフが助言をしてくれると思います。

そこで要介護申請をしてサービスに結びつけるのかどうか検討することになります。

 

しかし、例外もあります。

認知症といっても症状は様々ですし軽度から重度まであります。

介護的な側面より、精神医療的な側面の方の必要性が高いと考えられるときは、認知症専門の病院に入院する場合も考えられます。

 

認知症で家族だけの介護や本人だけの生活が難しい場合は、是非、介護保険サービスを利用して、負担を軽くするようにしましょう。

認知症の進行具合によっては、進行を遅らせるためのサービスを取り組んでもらえたりしますので、ケアマネジャーさんに相談して、「認知症についてどうしたいのか」家族の意向を決めてしっかり伝えましょう。

これは、施設に入所することになっても同じです。

 

 

まとめ

今回は「認知症の原因と種類。介護保険を使用して治療したい場合の相談先について」と題して認知症についてお届けいたしました。

認知症と一言で言っても種類は様々です。

また、認知症の原因は様々ですが、素人では判断は出来ませんので、先ほど既述したように最寄りの「地域包括支援センター」に相談するのがおススメです。

 

認知症の原因は日々研究されておりますので、改善することも進行を遅らせることも可能です。

認知症は恥ずかしい病気ではありません。

 

一人で抱え込まず、積極的に相談し家族にも本人にも負担にならない生活を送ることができるようにしましょう。

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ