■スポンサードリンク■

介護予防の基礎知識。家族に迷惑をかけない為にも心がけたいこと

今回は介護予防についてご説明します。

 

介護予防とは「介護を受けなくていい、ある程度身の回りのことができる高齢者の状態で、いつまでも元気に過ごせるように、介護状態にならないように予防をしましょう」。ということです。

 

介護予防の基礎知識。家族に迷惑をかけない為にも心がけたいこと1

 

60歳後半で介護保険のお世話になる方もいれば、90歳でも自分の身の回りのことをできる元気な方もいますよね。

人間は加齢と共に、これまでできていたことができなくなったり、体力に衰えを感じることがあると思います。

 

しかし、なるべく元気な状態でいつまでも自分のことは自分で行えるようにしようという考えが浸透してきました。その為には、それなりの予防策をしないといけません。

 

今回は「介護予防の基礎知識。家族に迷惑をかけない為にも心がけたいこと」と題しまして介護予防についてお届けいたします。

いつまでも、元気な高齢者を目指しましょう!!

 

■スポンサードリンク■


介護予防の基礎知識:廃用症候群とは

脳血管疾患の後遺症で麻痺があったり、年齢と共に全身機能が衰弱したり、骨折等で数週間寝込んだりすることにより、さらに全身機能が低下します。

 

このように、日常生活における活動性が低下することにより、全身の心身機能が低下することを「廃用症候群」または「生活不活発病」といいます。

 

また、年をとることによる「老化」によって機能が低下することを「老年症候群」といいます。

「老年症候群」や「廃用症候群」は初めのうちは自覚症状がなく、知らず、知らずのうちに進行するのです!

まずは「廃用症候群」「生活不活発病」「老年症候群」の知識をしっかり覚えましょう。

これらが原因で介護が必要いなってしまうケースが非常に多いのです。

 

高齢者からこんな言葉を聞きませんか?

「動くのが億劫だなぁ…」

「最近、転びやすくなったなぁ…」

 

こうなると、運動不足になり、筋力はどんどん低下します。そして、更に身体が動かなくなり、寝たきりになるのです。

 

このような一連の流れは、高齢者だけとは限りませんよね?

 

若い人でも骨折して、治療のため安静にしていると、どんどん筋力が落ちます。腕や脚の太さは見て分かるように小さくなるのではないでしょうか?

 

 

寝たきりの原因は

寝たきりの原因

1位 脳血管疾患

2位 高齢による衰弱

3位 認知症、関節疾患、転倒・転落

となっています。

 

寝たきり=要介護

 

介護予防の基礎知識。家族に迷惑をかけない為にも心がけたいこと2

 

まずは、自分が寝たきりの状態にならないよう予防行動が大切になりまs。

 

1位の脳血管疾患は生活習慣が影響してきますね。

若い頃からの積み重ねが大切なことが分かります。

2位の高齢による衰弱や3位の認知症は高齢になってからの、過ごし方で、避けることができるのです。

 

 

介護のお世話にならないために

介護のお世話にならない為にまず、大切な点は「筋力の低下を予防」です。

現在では高齢者専用の筋力アップの器具が揃った「パワーリハビリ」と呼ばれるものができています。

 

介護保険のサービスに対象にもなりますが、自費で利用することもできます。

また、自治体の公共施設で、運動することもおススメです。

 

しかし、一番大切なことは、自分で積極的に外に出向いて行くことです。

囲碁や将棋をするために外出するだけで違いまし、、友人とカラオケにいくのもいいでしょう。

散髪は若いころからの行きつけに通うことも足腰を使いますし、馴染みの店主との関わりができるでしょう。

 

自宅でこもってテレビを観るだけではなく、若い人に負けないように何でも興味をもって「なぜだろう・・・」「どういうことだろう・・・」と感じ実行に移すことが介護予防の第一歩です。

 

 

まとめ

今回は「介護予防の基礎知識。家族に迷惑をかけない為にも心がけたいこと」と題しまして介護予防についてお届けいたしました。

 

介護はする方も、される方も精神的な負担が大きいものです。

「年をとったから…」と言わないで、意欲的な生活を送りましょう。

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ