■スポンサードリンク■

車椅子の種類について。失敗しない選び方と介護保険を活用した上手な利用方法

今回は介護の現場で切っては切り離せない車椅子についてご説明いたします。

 

車椅子は利用者の状態に合わせて様々なタイプが存在します。

今回は「車椅子の種類について。失敗しない選び方と介護保険を活用した上手な利用方法」と題して身体状況に合わせた車椅子の選び方をお伝えします。

 

 

■スポンサードリンク■


車椅子には二つのタイプがある

車いすの種類は主に二つに分かれます。

自分で駆動させる他の人が駆動させるかによって分けられます。

 

自分で押すことができる人は

「自走型」

他の人が押すのは

「介助型」

といいます。

 

自走型は後輪の車輪が大きく自分で手を添えて駆動させてことがでいます。

一方、介助型は自走型よりコンパクトで後輪の車輪が小さいのが特徴です。

 

まずは、使用する方が自力で駆動できるかどうかを考えなければなりません。

 

 

自走型車いすについて

自走型車いすは施設や病院に多いタイプです。

自分では使えないことが前提となった車椅子です。

 

車椅子の種類について。失敗しない選び方と介護保険を活用した上手な利用方法

後輪が肘置きの高さほどあるのが分かりますね

 

一般の方は、そんなそこまで細かいことが気になったことは、なかったのではないでようか?

 

 

介助型車いすについて

介助型車いすは身体状態に合わせて色々あります。

まずは、座った状態が保てて、自宅等で過ごすときに便利なタイプの車いすです。

 

車椅子の種類について。失敗しない選び方と介護保険を活用した上手な利用方法2

 

見えにくいですが、後輪が自走型より小さいのがわかります。

 

次に、座った状態が保てない人つかうリクライニング型車椅子です。

これは、寝てきりで普段はベッドでの生活が主になっている方がよく利用します。

写真がないのですが、とにかく大きいです。

背もたれを倒すことができるので、身長ほどの長さになります。

 

一般家庭で使うことはほとんどないですが、病院や施設では利用されています。

 

見慣れない方は「こんなタイプの車椅子があったのか??」と感じられるでしょう。

 

続いて、リクライニング車椅子に似ていているティルト式車椅子というものがあります。

ティルト式車椅子の最大の特徴は、坐面と背もたれの角度が変わらず、背もたれが後ろに倒れることです。

すこし、イメージ難しいですか…??

 

背もたれをだけが倒れるのでなく、坐面ごと後ろに傾くのです。

昔はこのタイプはありませんでしたが、最近はよく見かけるようになりました。

普通の車椅子では前方に滑り落ちそうなときに使えば、安定してすわることができるのです。

 

 

失敗しない車いすの選び方

車いすは専門の方に直接選んでもらうのが一番良いと思いますが自分で選ぶとしたら、どのような基準で選べばいか考えしょう。

 

まず、使用する人の身体状態を確認しましょう

・自分で立つことができるかどうか。

・座ったまま、数分間過ごせるか。

・自分で駆動がいるか。(介助は必要か)

 

さらに、細かく言うと、

・麻痺があるかどうか。

・大柄な人か、小柄な人か。

も基準になります。

 

あとは、どんな環境で使うかでしょうね。

車椅子のレンタルや購入を考える方は、自宅で生活している方が多いと思いますので。(施設に入れば施設のものを使うことになります)

 

・車椅子で行き来する扉の幅にあうか。

・行動範囲は室内だけか。

・他の福祉用具のとの併用はあるか。

 

自分で購入するには高額な車いすですので、しっかり自分や家族にあった車いすを選びたいですよね!

 

 

まとめ

今回は「車椅子の種類について。失敗しない選び方と介護保険を活用した上手な利用方法」と題して身体状況に合わせた車椅子の選び方をお伝えしました。

 

車いすは時代の流れと業者の競争で、色々なタイプが誕生いたしました。

ここでは詳しく紹介していませんが、「電動の車椅子」も最近では非常に増えてきています。

 

車椅子を「使う人」、「環境」はそれぞれですが、しっかり選べば必ずピッタリな車椅子が見つかるはずです。

購入となれば高額になるので、介護保険制度を上手く利用しレンタルする方法を私はおススメいたします。

状態や環境の変化によって交換していくことができるので、介護保険制度を利用したレンタルを覚えておくと将来的に役立つかもしれませんよ!

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ