■スポンサードリンク■

なぜ入所できない??知っておきたい特別養護老人ホームの入所の優先順位について

特別養護老人ホームに申し込みをしてもなかなか順番がこ、、、なぜ!!?と思われている方いらっしゃいませんか?

 

特別養護老人ホームは介護保険施設のなかでも人気が非常に高いです。

 

なぜ入所できない??知っておきたい特別養護老人ホームの入所の優先順位について

 

施設に見学に来て「何人ぐらい待っていますか?」とよく聞かれます。

え~、150人ぐらいですかね・・・」と答えると、皆さん表情が曇ります。

 

この150人という数字のなかには、他の施設を重複して申込みをいている人や、もしかして既に亡くなっている人も含まれています。なので、単純に150名が待機しているのではありません。とは言っても、すぐに入ることができないのは事実です。

 

それでは施設側はどのように優先順位をつけているのでしょう?

 

今回は「なぜ入所できない??知っておきたい特別養護老人ホームの入所の優先順位について」と題して特別養護老人ホームの入所優先順位についてお届けいたします。

 

 

■スポンサードリンク■


特別養護老人ホームの順番の決め方

それでは、特別養護老人ホームではどのように入所の順位が決定していくと思いますか?

 

申込み順だと思っている人が多いのですが違います。

どれだけ、施設での生活の必要性が高いか」で決まっていくのです。

 

例えば、要介護3で大勢の家族に囲まれて、息子や嫁から介護を受けている人は順位が後ろの方になります。

逆に、同じ要介護3でも、独居(一人暮らし)の人や夫婦二人暮らしで、介護する配偶者も高齢である場合には、順位は高くなります。

 

なので、3年待っていても入所できないが、3ヶ月で入所できる人もいるのが現実です。

 

また、平成27年に特別養護老人ホームの入所基準が変更になり、原則要介護3以上の人しか入所できなくなりました。

しかし、現状では、要介護4、5の人が必然的に得点の高くなり、順位が上位にくるのであまり影響を受けてはいません。

 

 

特別養護老人ホームの入試(入所)問題!どちらが優先される?

◆第一問

ここで、問題です。

「在宅(自宅)での生活の人」VS「病院や他の施設で生活して人」

どちらの方の順位が高くなると思いますか?

 

答えは「在宅(自宅)での生活の人」です。

考え方としては、「現状で病院や施設で生活している人はとりあえず生活できる場所が確保できているでしょ?」いう事なのです。

 

在宅だと「介護不足により栄養が不足しているかもしれない、老老介護だと共倒れになるかもしれない」というところが配慮されるのです。

 

 

◆第二問

まったく同じ生活環境だとして

「認知症状がある人」VS「ほとんど認知症状がない人」

どちらの方の優先順位が高くなると思いますか?

 

答えは「認知症状がある人」です。

考え方は「認知症があると介護するのが大変だから施設でお預かりできますよ」ということです。

早く入所させたいと思う家族さんが、認知症があると介護するのが大変だから施設側が入れたがらないと思っている人がいるようです。

 

 

なぜ入所できない??知っておきたい特別養護老人ホームの入所の優先順位について2

 

まとめ

今回は「なぜ入所できない??知っておきたい特別養護老人ホームの入所の優先順位について」と題して特別養護老人ホームの入所優先順位についてお届けいたしました。

 

働き盛りの人が、親の介護なので離職を余儀なくされる「介護離職」社会問題になっていますよね。

施設に預けたくてもなかなか受け入れ先がないのが現状です。

特に人気の高い特別養護老人ホームでは、かなりの数の待機者がいるのが現状。

 

数百人もいるなかから、どのような順番で入所になりのか、施設入所を希望する家族なら理解しておきたいポイントだと思います。

待機人数を聞いてがっかりしないで、施設の入所担当者にしっかり現状を伝えましょう。

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ