■スポンサードリンク■

サプリメントには効果があるのか?正しい知識がないと危険なサプリ

皆さん毎日きっちりと栄養ある食生活を心掛けていますか?

自信を持って「はい!」と答えられる人は少ないんじゃないでしょうか?

 

僕も食生活には自信がありません。。。

冬は月1のペースで風を引いているます。

歳のせいもあるのかな(´Д`)

 

さて、不規則な食生活から健康の為にサプリメントを摂取して栄養を補っている方や、美容の為にサプリメントを飲んでいる方も多いのではないでしょうか?

サプリメント 効果 危険 画像 2

サプリメント大国と言われるアメリカではサプリメントの摂取は盛んに行われています。

アメリカの食生活では十分な栄養を摂取できそうにもありませんもね。

 

日本人の中にはサプリメントは危ないものとして捉えている人が意外にも多いのですが、アメリカでは栄養補助食品という目で見られているので否定的な人は少ないと言われているのです。

 

しかし、サプリメントって実際に効果があるのでしょうか?

固形の粒がそんなに栄養を含んでいるとは思えないですし、そもそもサプリメントが本当に栄養をしっかり持っているなら野菜なんて食べなくてもいいんじゃないでしょうか。

 

■スポンサードリンク■



熱に弱いビタミンがどの程度含まれているのかは謎

ベースサプリとも呼ばれているマルチビタミンサプリメントは一日に必要なビタミンなどの栄養が含まれています。

サプリメントを飲んでいる人なら殆どの人が飲んでいるはずです。

サプリメント 効果 危険 画像 1

マルチビタミンンのいいところは一粒でその日の栄養が摂取できてしまうことです。

しかし、表記上は一日に必要な栄養が含まれているかもしれませんが、実際にはそれほどの栄養がない場合があります。

サプリメントを作る過程で熱を加えるときがあったとします。

その時の熱を加えている時間によっては熱に弱いと言われているビタミンCやビタミンB1などは壊されてしまっている場合があるのです。

 

栄養が吸収されない場合がある

ビタミンには脂溶性ビタミン水溶性ビタミンという二種類のビタミンがあります。

水溶性ビタミンは一度に大量に摂取してもそのまま尿などと一緒に体外に出て行ってしまいます。

そのためサプリメントを摂取したとしても体外に流れ出て行ってしまう場合があるのです。

一日に3粒などのタイプのサプリメントであれば時間を空けて飲むなどの工夫もできますがそれでもそのすべてが摂取できているとは言えないのです。

 

天然か化合物か

サプリメントにも天然成分だけで作ったサプリメント化合物で作ったサプリメントがあります。

簡単に言えば安いものは殆ど化合物で作られていて、高いものは天然成分で作られています。

天然でも化合物でも成分の構造的には違いがありません。

しかし吸収率という点から考えると天然成分の方が圧倒的に良いのです。

 

天然成分のサプリメントの中には抽出したときに取り除ききれなかった他の成分も含まれています。

それらの成分が作用して吸収率を高めているのです。

 

一方、化合物のサプリメントには他の成分が一切入っていません。

そのため、吸収率を高めてくれる補助成分がないので吸収率は天然成分と比べてよくないのです。

 

アメリカでは化合物のサプリメントは少なく、天然成分のサプリメントが一般的だと言われています。

さすがはサプリメント大国といったところですね。

サプリメントはそれだけでは完全に栄養を摂取できないです。

あくまでも栄養補助食品なのでそれを理解しないといけません。

 

服用を間違えると思わぬ危険が

ここまでで

・「熱に弱いビタミン」のサプリメントを飲んでも栄養の摂取が難しいこと

・「脂溶性ビタミン」と「水溶性ビタミン」が存在し、水溶性ビタミンは摂取しても尿として流れてしまうこと

・「天然成分だけで作ったサプリメント」と「化合物で作ったサプリメント」が存在し吸収率に違いがあること

上記3点々を中心にご説明いたしました。

正しい知識を持っていないと、やみくもにサプリメントを飲んでも効果が期待できないようですね。

 

実は、健康に良いと思われているサプリメントですが摂取方法を間違えたり、信用が置けない企業のサプリを摂取した結果思わぬ事態になったケースがあるようです。

 

ビタミンE1の摂取で死亡率が増加する?

アメリカと中国でサプリメントの臨床実験が8年間という長期機関で過去に行われたことがありました。

1966年~2004年までこの実験が行われ、ビタミンE1を1日267mg以上摂取すると、摂取していない人と比べ、死亡率が10%も高かったという実験結果が出ています。

ビタミンE1の過剰摂取が原因なのか?

まだ医学的に立証はされていませんが、ビタミンE1の過剰摂取が原因では?と言われています。

 

サプリメントの摂取で入院?!

平成14年5月にある女性が肝機能障害の疑いで入院しました。

同年7月に退院したのですが、この女性は1月から「メリロート」と「ブルーベリーエキス」のサプリメントを摂取しており、このサプリを辞めたところ肝機能が改善されたそうです。

 


サプリメントは薬ではないという認識から過剰に摂取したり、数多くあるサプリメント商品から信用のおけないサプリを摂取したことが結果で健康被害にあってしまう可能性もあるのですね~。

 

スーパーやコンビニで販売されている、おのぎりやお弁当にも体に悪い添加物が含まれていますし、同様にサプリメントも仮に同じサプリだとしても生成する企業によって悪い成分が入っている可能性も考えられますものね。

 

まとめ

今回はサプリメントについてお届けいたしました。

正しい知識と、選ぶサプリで健康に良いことも、悪いこともあるようです。

簡単に手に入り、飲んでいれば健康になったつもりになりますが、本当に健康になるためにはやはり、正しい食生活と睡眠が必要だと僕は考えます。

あくまで健康補助食品ですので、サプリメントに頼り切ってしまうのは問題があるのではないでしょうか?

 

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ