■スポンサードリンク■

高齢者虐待の種類と相談先。認知症の介護を一人で悩まないで!

高齢者虐待について考えたことありますか?

 

高齢者虐待の種類と相談先。認知症の介護を一人で悩まないで!

 

「認知症で言うことを理解してくれない」

「一生懸命介護しているのに抵抗してくる」

「いつまでもこの生活が続くか分からないこの不安な状況」

 

自宅での介護は家族にとって本当に大変だと思います。

かなりのストレスを抱えながら日々介護をしていることと思います。

 

しかし、そのようなストレスがある一定を超えたとき、”虐待”をしてしますことが介護の世界ではよくあるのです。

高齢者虐待については法的に定められていて、その種類はさまざま。

 

今回は「高齢者虐待の種類と相談先。認知症の介護を一人で悩まないで!と題して高齢者の虐待についてお届けいたします。

 

■スポンサードリンク■


高齢者虐待の種類1:身体的虐待

高齢者虐待の種類1:身体的虐待

殴る、叩く、蹴るなど身体を傷めつける虐待です。

この虐待が一番多いのが現状です。

 

高齢者虐待の種類2:介護放棄(ネグレクト)

高齢者虐待の種類2:介護放棄(ネグレクト)

介護をする必要があるのに放置しておくことです。

「おしっこが出ているのにオムツ交換をしない」

「酷く身体が汚れているのに、入浴させない、または入浴介護をしない」

「食事を作って食べさせない」

このようなことが当てはまります。

 

 

高齢者虐待の種類3:心理的虐待

高齢者虐待の種類3:心理的虐待

精神的に追い込んでいくような虐待です。

「大声で怒鳴りつける」

「脅すような声掛けをする」

このようなことが当てはまります。

 

 

高齢者虐待の種類4:経済的虐待

高齢者虐待の種類4:経済的虐待

一般の方は少しイメージできないかも知れません。

「本人の年金をとりあげ自由に使わせない」

「本人のお金をとり家族が使い、介護保険サービスを利用料が滞納されている」

このようなことが当てはまります。

 

 

高齢者虐待の種類5:性的虐待

高齢者虐待の種類5:性的虐待

在宅介護では少ないと思いますが、性的な嫌がらせのことです。

「オムツ交換で必要以上に陰部を露出させる」

「卑猥なことを言う」

このようなことが当てはまります。

 

 

高齢者虐待が発覚する経緯

高齢者虐待はある程度は厚生労働省が把握しています。

(表に出ていない虐待もあると思います)

それでは高齢者虐待について相談や通報は誰がするのが多いと思いますが?

 

一番多いのはケアマネジャーなど介護事業所の職員です。

デイサービスやショートステイで入浴をしたとき、脇のしたにつねった痕があったとか、本人が自分で家族に叩かれたと訴えるケースがあります。

事業所の職員はプロです。特に看護師は不自然なアザやケガはすぐにピンときます。

転倒・転落してできた傷でなく暴力を受けてできた傷は分かるのです。

 

 

高齢者虐待は息子、夫が一番多い

では、虐待されている当人との関係で誰が一番虐待している率が高いと思いますか?

それは「息子」です。次いで「」となっています。

 

愛する妻や、母を虐待してしまうほど、認知症の介護は大変という事です。

家族が虐待を行う、、、悲しい現実ですよね。

また、虐待を受けるのは男性より女性の方が圧倒的に多いのです。

 

 

まとめ

今回は「高齢者虐待の種類と相談先。認知症の介護を一人で悩まないで!と題して高齢者の虐待についてお届けいたしました。

 

虐待に至るまでに、ストレスを解消していく必要があると私は考えています。

在宅介護はひとりで抱え込んでいる傾向にありますので、周囲への相談をお勧めします。

 

しかし介護する子供間の関係が上手くいってなかったりして、話す人がいないという話もよく耳にします。

しかし安心してください。

話を聞いてくれるのは親戚や兄弟などの身内だけではありません。

外部の専門機関でも話は来てくれますので、ケアマネジャーさんや医師や看護師さんにも話を聞いくれます。

まず一人で悩まず相談することが大切ですよ!

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ