■スポンサードリンク■

介護の世界での身体拘束について。法律で禁止されている理由とは?

今回は「介護保険制度の身体拘束」についてご説明します

 

介護の世界での身体拘束について。法律で禁止されている理由とは?

 

病院で治療をするため、必要なら手や足を紐で縛って、動けないようにすることがあると思いますが、皆さん見たことはありますか?

 

どんな印象でしたか?

 

治療をしたいけど身体を動かして思うような対応ができないから仕方がない…。

しかし、人間としてなんだか寂しいですよね。悲しいですよね。

 

特に家族は見ていられないと感じるのではないでしょうか?

病院では家族の許可を得て、身体拘束することがあっても、介護保険サービスでは身体拘束は固く禁じられています。

今回は「介護の世界での身体拘束について。法律で禁止されている理由とは?」と題して身体拘束についてお届けいたします。

 

■スポンサードリンク■


身体拘束が禁止されている理由:は3つの視点が大切

なぜ、介護施設では身体拘束が固く禁じられているかというと、生活の一部である介護の場面で、拘束は人間の尊厳を奪う人権侵害だという考えが強いからです。

 

例えば、認知症があり何が危険で安全か理解ができないひとがいるとします。

その人は車椅子生活で自分で歩くことができません。ひとりにしておくと、車椅子から立ち上がり歩こうとして転倒・転落する可能性が高いのです。

しかし、紐で縛ったり、前にテーブルを置いて立てないようにすることはできないのです。

 

このような場合は次のような視点で考えます。

 

  • 利用者本人または他の利用者の生命または身体が危険にさらされる可能性が著しく高いか

  • 身体拘束以外に代替する介護方法がないか

  • 身体拘束は一時的なものであるか

 

これらことがやむを得ず身体拘束するときに基準にされます。

厚生労働省が発表した「身体拘束のてびき」でしっかり記させています。

 

では、実際にどのように対応すればよいでしょうか?

少し考えてみましょう。

 

身体拘束を行わない為に

一番思いつくのは、職員の手厚い見守りです。

職員の数を確保して、見守りを重視して立ち上がりがありそうなときはサッと対応できるように備えるのです。

また、24時間、車椅子から立ち上がろうとすることはないと思います。

立ち上がろうとするといはどのような精神状態なのか?

トイレに行きたいのではないのか?

精神状況を分析して、不安定になるときだけ対応して方法もあるでしょう。

 

また、気持ちをそらせる方法もあります。

ひとりきりにさせないで、積極的にレクリエーションに参加してもらうのも方法でしょう。

 

人権をとても尊重している介護保険制度です。

人間としてあたりまえのことですが、安全面を最優先してしまうあまり、それが無視される場面もあるようです。

このようにならないためにも施設職員の意識は勿論、本人や家族も気を配っていきましょう。

 

 

家族が拘束を要望したら可能か?

それでは家族が身体拘束を介護職員に要望した場合はどうでしょう?

結論から言えば「NO」です。

 

家族の心理状態からすれば、

「転倒・転落でもして骨が折れて入院となったら、病院に行くことができず、困る。」

「骨が折れるのであれば、少々の拘束は仕方が無い」

このようなことが本音となることが多いようです。

 

介護の世界での身体拘束について。法律で禁止されている理由とは?2

 

しかし、受入れる施設側は、拘束をした場合のデメリットを説明してむしろ理解してもらうように話し合いをするのです。

児童虐待、障がい者虐待、高齢者虐待は行政から厳しい指導で守られているのです。

 

まとめ

今回は「介護の世界での身体拘束について。法律で禁止されている理由とは?」と題して身体拘束についてお届けいたしました。

 

例えば認知症で自分の事も家族のこともわからなくなったとしても、人権が保障されます。

介護をする当事者でとても苦労していたとしても、自分が介護される立場になったらどのように接してもらいたいか機会があったら考えてみましょう!

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ