■スポンサードリンク■

介護サービスを受ける為に必要な事。要介護認定と申請方法について

今回は「介護サービスを受ける為に必要な事。要介護認定と申請方法について」と題して介護保険の申請にいてご説明します。

 

「からだが弱って介護が必要となった」

「認知症の親がひとりで生活しているので、介護を受けさせたい」

 

このような場合があっても介護保険サービスはすぐには利用できません。

 

介護サービスを受ける為に必要な事。要介護認定と申請方法について

 

まずは、からだの状態がどれぐらいの段階に該当するか決める「要介護認定」を受ける必要があるのです。

 

要介護認定を受けると

「要介護1~5」

「要支援1~2」

「非該当」 に分けられます。

 

非該当なら介護保険サービスを受けることはできません。

要支援なら「介護予防」という観点となるサービスを受けることができます。

要介護ならデイサービスや訪問介護の「介護保険サービス」を受けることができるのです。

 

■スポンサードリンク■


介護サービスの申請は市役所で行う

それでは介護サービスの申請場所はどのになるのでしょう?

 

介護サービスの申請は自治体の介護保険を担当する窓口です。

 

しかし、なんといって申請するのでしょう?

一般の人が申請に行くのってなかなか大変です。

実際は自分で申請される人はほとんどいません。

 

では、誰がするのでしょうか?

 

例を出して考えて見ます。

足を骨折して病院に入院。やがて回復したのですが、自分で歩くのがやっとで生活の不安があるとします。

この場合は、病院の担当職員が代理申請をしてくれます。

 

大きな病院では「地域医療連携室」いう名称等のところです。

あまり規模が大きくなくても、入院の設備がある病院なら、メディカルソーシャルワーカーという職員がこれを担当します。

 

もう少し例を出します。

ひとり暮らし親のところに久しぶりに帰ったら、どうやら様子がおかしい。

認知症を発症している気がする・・・。この場合は、もし持病等で行きつけの病院があればそこに相談しましょう。

そちらで、ケアマネジャーさんを紹介してくれることがあります。

そのケアマネジャーさんが、自治体への申請を代行してくれます。

 

また、通院等がなければ、「地域包括支援センター」というところでも、代理の申請をしてくれます。

地域包括支援センターとは、地域での介護保険制度の要となる、自治体が委託して行われるところです。

 

 

介護サービス申請は専門家がおススメ

自分ではなく、専門家に代理申請してもらう事には様々なメリットがあります。

申請を受ける前の段階で助言を受けることができるのもメリットの一つです。

 

介護や医療の知識を持って専門家ですので、介護保険をどのように利用していくのかイメージができていくと思います。

 

申請後、自治体の職員、もしくは委託された民間業者が調査をしにやってきます。

その調査の日時の調整等も行ってくれるので安心なのです。余計な手間もかかりません。

 

また、お願いをすれば、その調査にも付き添ってくれることがあります。

専門家がそこにいてくれることにより、的確な身体状況を伝えてもらえるのです。

 

家族だけでは心細いのであれば専門家への相談は頼りになります。

ちなみに、一刻も早く介護保険サービスを受けたいという切迫した状態だと、要介護を受ける前でも仮ということで利用できる場合もあります。

このような状況だとやはり、専門家にアドバイスを受けながら進めて行くほうが安心でしょう。

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ