■スポンサードリンク■

キシリトールって糖の仲間って知ってた?キシリトールが歯や虫歯に良い理由とは?

皆さんはどうしてキシリトールが体に良いのか知っていますか?

 

歯医者さんに行けば目にしますし、キシリトール入りのガムも大変流行っていますよね!

 

キシリトールって糖の仲間って知ってた?キシリトールが歯や虫歯に良い理由とは?

 

「キシリトール=なんとなく歯に良い」ことは知っているかもしれませんが、どうして良いのか知っている人は意外と少ないかと思います。

 

今回は「キシリトールって糖の仲間って知ってた?キシリトールが歯や虫歯に良い理由とは?」と題してキシリトールについて説明していきます。

 

■スポンサードリンク■


まずはキシリトールの基本情報をチェック!

キシリトールとは「キシルロースから合成される糖アルコール」というものの一種です。

 

キシリトールって糖の仲間って知ってた?キシリトールが歯や虫歯に良い理由とは?2

 

実は意外な事にキシリトールは「糖の一種」なのです。

 

砂糖なのに虫歯に効果的なの!?

って普通思いますよね。

実は砂糖だからこそ、虫歯に効果的なのですよ!

 

????と感じた人多いですよね(^^;)

ここからはキシリトールが歯や虫歯になぜ良いのかご説明いたします。

 

 

キシリトールが歯や虫歯菌になぜ良いのか?

キシリトールが歯や虫歯に良いと言われている理由は大きく分けて2つあります。

 

①唾液分泌を促進する作用と、再石灰化する作用

②虫歯菌に酸を作らせないこと

 

①について、まず、キシリトールは糖なので、甘いです。

甘さを感じると口は唾液を出そうとしますので、これが唾液分泌作用促進に直結します。

また、キシリトールは糖アルコールの一種と述べましたが、この糖アルコールには歯垢中のカルシウム濃度を挙げる効果がありますので、歯の再石灰化が促進されるのです。

歯を再石灰化することで歯を硬くし虫歯から歯を守ります

 

②について、キシリトールから虫歯菌は酸を作ることができないので、虫歯を防ぐ効果があります。

キシリトールはいわば、「偽物の砂糖」のようなものなんです。

そしてもう一つ大事なのが、口腔内のキシリトール濃度です。

この濃度が高ければ高いほど虫歯菌が酸を作る働きを抑制しやすくなりますので「キシリトール含有」という文字に騙されてすぐ買うのではなく、その含有量も購入の際には考慮してみてください。

多く含有してた方が効果はあると思います。

 

ついでに説明しますが、酸の産生を抑えるにとどまらず、キシリトールにはすでに口腔内にある酸を中和する効果もあり、虫歯菌にとっては天敵なんですよ。

 

 

キシリトール摂取時の注意事項

こんなにいい効果をもたらすキシリトールも、良い効果ばかりの物質ではありません。

 

世の中そんなに甘くはないんです。

と言いましても直接的に害を及ぼす、と言う訳ではありませんのでご安心を。

 

キシリトールをあまりにも多く摂取してしまうと、下痢になってしまうことが分かっています

ガムを一度に食べるとお腹を壊すというのは大体知られていると思いますので、そんなに過剰に気にしなくてもいいかもしれませんが。

 

また、キシリトール配合のガムを噛んでいるからと言って絶対に虫歯にならないと言う訳ではありませんし、歯磨きをしなくてもいいということも一切ございません!!

 

虫歯になりたくないのであれば、歯垢や細菌を洗い流すためにも必ず歯磨きをしましょう。

 

 

まとめ

今回は「キシリトールって糖の仲間って知ってた?キシリトールが歯や虫歯に良い理由とは?」と題してキシリトールについてご説明いたしました。

 

キシリトールは歯や虫歯に好影響を与えることは確かですが、キシリトール入りのガムを食べていれば虫歯にならない、というものではございません。

 

特に夜寝ている間は、唾液の分泌が少なく、菌を洗い流せないため、寝ている間に口内の菌はたくさん増殖します!

なるべく増やさないために寝る前に歯磨きをして、起きてからは増えてしまった菌を洗い流すためにも歯磨きをしましょう。

 

虫歯予防の一番は結局は朝晩の2回の歯磨きが大事です!!

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ