■スポンサードリンク■

ダイエット対決「スイミングVSランニング」どっちが効果的に痩せられる?

本日はダイエットについてお届けいたします!

ダイエットもいろいろな方法が多いですが、私個人的には無理な食事制限をするより、断然運動によるダイエットをお勧めいたします!

結局、ダイエットに成功したとしても、健康が損なわれてしまっては元も子もないですものね。。。

 

ダイエット対決「スイミングVSランニング」どっちが効果的に痩せられる?

 

ここで、今回は運動系ダイエットの中で”ランニング”と”スイミング”をピックアップいたしました。

ランニングとスイミング、一体どちらがより効率よく痩せられるのか???

 

 

■スポンサードリンク■


ダイエットにはスイミングが効果的?

まずはスイミングについてご紹介!

 

ダイエット対決「スイミングVSランニング」どっちが効果的に痩せられる?2

 

水中のメリットは体にかかる負担が少ない所です。

また、水による抵抗があるので効率よく脂肪を燃焼することができます。

 

スイミングと言えば「泳ぐ」ことをイメージするかもしれませんが、何も泳がなくても歩くだけでも十分にダイエット効果を期待できます。

 

また、筋肉というのは運動をすると熱を発しますが、これってあまり良い事ではありません。

水中で運動をすれば熱を発しても周りの水によってすぐ冷まされます。

つまり筋肉がベストパフォーマンスを保つためには熱を持ちすぎていないことが必要なのですが、スイミングはより効率よく脂肪を燃焼できると言う訳です♪

 

泳げるのであれば、平泳ぎで長く泳ぐことが推奨されています。

ダイエットというのは激しい運動を短時間するのではなく軽い運動を長時間する方が効果があります。

ゆえにクロールやバタフライでばしゃばしゃと泳ぐのもいいですが、平泳ぎで長い時間ゆっくりと泳ぐことがおすすめです!

 

そしてスイミングは全身を使って行う運動ですので、全身の筋肉をまんべんなく鍛えることができます。

特に平泳ぎは腹筋も鍛えられるので効率重視の方にはおすすめです♪

 

泳ぎ方によるカロリー消費について

平泳ぎなどで、ゆっくり長時間泳ぐことがダイエットに効果的とお伝えいたしましたが、参考までに1時間当たりのカロリーの消費利用についてご紹介いたします。

 

クロール一時間:1000kcal以上

平泳ぎ一時間:約600kcal

水中ウォーキング一時間:約300kcal

 

やはりクロールが一番消費カロリーが高い事がわかりますが、水中を歩くだけでも十分カロリーを消費できますね!

 

 

ダイエットにはランニングが効果的?

続いてランニングのダイエットへの効果についてご紹介いたします。

 

ダイエット対決「スイミングVSランニング」どっちが効果的に痩せられる?4

 

ランニングは有酸素運動で、ダイエット効果はとてもあります。

有酸素運動によって脂肪を燃焼するだけではなく、スイミングと同様に筋肉も鍛えることができます。

スタイルを良くするためには脂肪を減らすことだけではなく筋肉を付けることも重要なので非常に効果があるといえます。

 

ランニングをするときのポイントとしては「頑張りすぎない」といことです。

最初って誰でもやる気に満ち溢れていますよね。

 

やる気があるときはとっても頑張れるんですが無くなった後って全然頑張れなくなります。

やる気があった時には余裕だったランニングによるつらさもやる気がなくなった後には苦痛以外の何物でもありません(笑)

 

ですので、やる気を入れなくても、さくっとできる程度の運動を長く続けていくことが重要です。

 

ランニングでのカロリー消費について

それではランニングでは一体、どのぐらいカロリーが消費されるのでしょうか??

 

おおよそのカロリー消費の計算式は下記になります。

<条件>

・走行距離:5kg

・体重:50kg

 

この場合、、、

走行距離5kg×50kg=250カロリーの消費

 

一時間で無理なく走れる距離を考えると、、、6~8kmってところでしょうか?

 

結局、スイミングとランニングどっちが痩せるの?

さて、ここまでスイミングとランニングについて長々と説明してきましたが、「結局どっちがやせるの!?」って思いますよね。

 

カロリー消費と体への負担を考えると結局のところ、スイミングの方がダイエットには向いています!

 

ランニングはダイエットよりも「体を鍛えたい、体力をつけたい」と思っている人に向いています。

 

ちなみに、これらの運動は食事前にやるほどダイエット効果があります。

空腹時は低血糖ですので、運動時のエネルギーを脂肪燃焼で賄おうとするからです。

 

運動はご飯の前に!徹底してみてください♪

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ