■スポンサードリンク■

鼻づまりの原因と治し方について。鼻づまりに効果的なヅボを紹介

今回は鼻づまりのメカニズム(原因)と治し方(解消方についてご紹介いたします。

鼻が詰まると本当につらいですよね。

 

鼻づまりの原因と治し方について。鼻づまりに効果的なヅボを紹介

 

鼻づまりは大きく分けて二つあります。

それは

「慢性的な鼻づまり」

「花粉症や風邪などで起きる急性的な鼻詰まり」

 

私は花粉症がひどく春になると、毎年、急性的な鼻づまりに悩んでいます。。。

鼻詰まりについてまとめましたので、みなさんのお役に立てれば幸いです♪

 

■スポンサードリンク■


鼻詰まりのメカニズム

鼻づまりのメカニズムを知る前に、まずは鼻の中の構造を説明します。

 

鼻の内側には鼻甲介(びこうかい)という構造が存在しています。

鼻甲介は空気を吸った際にごみが体に入り込まないように、フィルターとしての役割を果たしていた李、吸気を加湿して体内に送ったりしています。

この時に効率よく仕事ができるように、鼻の中で非常に広がっていて、表面積を多く確保しているんです。

 

ところが・・・

 

この構造が鼻詰まりの時には暗転してしまいます。

鼻炎になると、この鼻甲介(びこうかい)という構造が腫れてしまいます。

すると空気の通り道が狭くなり、鼻が詰まってしまう訳です。

 

 

鼻づまりを解消するための方法

さて、このつらい鼻づまりですが、あくまでも対処療法に治す方法があります。

絶対に良くなるわけではないので試して良くなる、というもんではないですが、鼻が詰まって辛いときはぜひ試してみてください!

 

①鼻づまり解消法1:鼻を温める

鼻を温めるとなぜ鼻詰まりが解消するのか、その医学的な根拠はいまだ解明されていませんが(鼻甲介の腫れと何か関係が?)、効果は割とあるようです。

安全ですし、やってみて悪影響を及ぼす可能性もないのでぜひやってみてください。

方法としては、蒸しタオルでもカイロなどを鼻にあてて温めてみましょう。

火傷には注意してくださいね!

 

②鼻づまり解消法2:ツボを押す

左右の目の下の、頬骨のとがっているあたりを押して、マッサージしてみてください。

鼻が詰まっているときは血行が悪く、このツボを押すと血行が良くなり、多少改善するようです。

 

また、「迎香(げいこう)」と呼ばれているツボを押すのも効果的です。

迎香は小鼻の真横のくぼみにあります。

そこを人差し指を当て、下から上に押し上げるように刺激してあげましょう。

鼻づまりの他に鼻血や花粉症の際にも効果がありますので、それらの時にも試してみてください。

 

③鼻づまり解消法3:息を止める

意外や意外、息を止めるという単純な行為も鼻づまりに効果的です。

息を止めると当然酸欠状態になりますよね。

そうなると頭は

酸素足りない!!あれ?鼻の空気の通り道狭くなってるじぞ!もっと広げて!

という指令を飛ばします。

すると鼻甲介の腫れは引き、鼻詰まりが解消するという訳です。

 

対処療法で治らない時とは??

対処療法をいろいろ試してるのに、治らない時があります。

それは、鼻に炎症が起きていない時です。

あくまで上記に上げた方法は、鼻内が炎症を起こしていて、それを感w成させるための方法になります。

 

鼻に炎症がないのに詰まっているときは、鼻の奥にポリープがあったり、蓄膿症にかかっている場合があります。

一般に慢性の鼻づまり、つまり長引く鼻詰まりはこの場合が多いです。

 

ずっと鼻詰まりが改善されず、いろいろ試したのに一向に良くならない、という方は耳鼻科を受診されることをお勧めします。

 

鼻づまりの解消法まとめ

今回は鼻づまりの原因と解消方法についてお届けいたしました。

風邪や花粉症で鼻が詰まってしまった際はぜひお試しくださいね^^

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ