■スポンサードリンク■

冬太り対策「快感腹式呼吸法」関食欲を減らしダイエット効果も期待

寒がりの筆者ですが、冬は美味しい物がたくさんあるのである意味好きな季節です。

ただ、食べ過ぎに気を使う女性も多いのが冬と言われています。

美味しい物や甘いものの食べ過ぎで「冬太り」していませんか??

 

 

春になると冬のような厚手の洋服で体のラインを隠すことが難しくなるので、この季節はダイエットを意識する人が多くなると耳にします。

そこで今回は“女子SPA”でも取り上げられた「快感腹式呼吸」で間食をストップする方法をご紹介します。

ダイエットにも効果的ですよ!

 

■スポンサードリンク■


なぜ冬になると食欲が増すのか??

寒くなると不思議と食欲が増しますよね~。

筆者は日ごろ甘いものを食べないのですが、冬になると必ず甘いものが食べたくなるのです・・・。

 

その原因を調べてみると、やはり冬の寒さに関係がありました。

体が冷えると脳は体温を上げる指示を出します。

それでは、具体的にどのような指示を出すのかというと「体温を上げる食べ物を食べろ」と命令します。

 

体温を上げる成分とは「炭水化物や脂質」を多く含んでいる食べ物。

つまり「甘い物」なのですよね~。

 

結果、体が冬の寒さで冷えると甘いものが食べたくなるのです。

余談ですが、私は特に「ラミー」というチョコレイトを体が欲します。。。。

お酒も入っていて、甘くて、美味しいんですよね~♪

 

 

快感腹式呼吸法でなぜ冬太り関食欲が収まるのか?

まず『快感腹式呼吸法』が冬太りや関食欲の抑制につながる理由を説明いたします。

「体が冷えると食欲が増す」とここまでで説明いたしましたが、『快感腹式呼吸法』を実践することで体が温まり結果、食欲が収まるのです。

 

また継続して行う事で「燃え体質」になり、基礎体温が上がり食欲が抑えられるだけでなく、病気になりづらい身体を作ってくれるのです!

さらにさらに『快感腹式呼吸法』にはダイエット効果もあるので、一石二鳥ならぬ一石三鳥!!

 

 

快感腹式呼吸法のやり方

それでは『快感腹式呼吸法』のやり方をご説明いたします。

 

1:鼻から大きく息を吸い込む(腹式呼吸によりお腹が膨らんだ状態)

2:下腹部に軽く力を籠めるようにして数秒間息を止める

3:鼻から少しずつ息を出しながら、お腹をへこませていく

4:恥骨までお腹をへこませたら、力を抜く

5:すると自然に鼻からドッと息が入る

 

以上が『快感腹式呼吸法』のやり方になります。

2の息を止めている状態の時に、発熱能力が高まり全身が温まる感覚を覚えると思います。

また、3のお腹をへこませる際にインナーマッスルを使うので、おなか周りのダイエット効果が期待できるのです。

 

さらに、この状態の際に膣の入口を引き締めるようにすると「膣の筋力」が高まり、オーガズムを感じやすい体質になるとか!!

 

通勤や散歩のときなどは全て鼻で行うこの方法はちょっときついと思いますので、息を吐く際は口からはいても問題ないようですよ。

 

まとめ

今回は“女子SPA”でも取り上げられた「快感腹式呼吸」で間食をストップする方法をご紹介しました。

いつでも、どこでも、場所も時間も選ばずお金も使わない方法なので気になった方はぜひ試されてみてください!

デスクワークをしながら早速筆者も取り組んでみようと思います!

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ