■スポンサードリンク■

オトコを落とすツボ6選。その難易度と効果について

先日、マイナビウーマンに「男性がグッとくる!“オトコのツボ”を押さえてる女子・6選」という記事がありました。

 

内容は「たとえ相手が自分の事をそれほど気に入ってなくても男性の喜ぶツボを押さえることにより、相手もなんとなく気になりだしますよ」というもの。

 

確かに男性にも女性にもグッとくるポイントってありますよね。

では、どんな行動が男性を「グッ」とさせるツボになるのでしょうか?

今回は「オトコを落とすツボ6選。その難易度と効果について」と題して男を落とす為の6つツボをご紹介いたします。

 

■スポンサードリンク■


男のツボ1:ボディタッチが多い

初めに取り上げられていた男性のツボは「ボディタッチが多い」です。

 

環境やお互いの年齢などにで「あり」「なし」はあるとは思いますが、ボディタッチはされて嫌がる男性は少ないのではないでしょうか。

筆者も職場で後輩の女性に「スーツに何かついていますよ」と、ゴミを取ってもらった時にドキッとしてしまった経験があります。

相手との距離と縮める、意識をしてもらう為にボディタッチは非常に有効な手段です。

 

 

男のツボ2:自分の好きな事を知っている

続いて「自分の好きな事を知っている」です。

 

これは男性、女性に限らず相手が自分の好きなものを覚えていてくれいると非常に嬉しいですよね!

私は営業職なのですが、初対面でお会いした方とはできるだけ仕事以外のプライベートな話をするよう心がけています。

例えば、休日の過ごし方、お酒は好きは、嫌いか、家族の事、故郷について。

そして2回目以降にお会いした時に例えばワインがス好きという情報を得た方なら「ボジョレー解禁になりましたね!○○さん、ワインお好きって伺ってましたがもう飲まれました?」こんな、投げかけでとても喜んでいただけることが多いです。

男女間においても同様に、相手話していた好きな事を覚えておいて、ちょっとした時に話してみると好感度が上がること間違いないでしょう。

 

 

男のツボ3:気遣いができる

続いて「気遣いができる」です。

 

 

これも男性をツボという点では非常の重要なファクターではないでしょうか。

例えば、食事をしている時にサラダを少しテーブルに落としてしまうようなことってあるじゃないですか、その時にさりげなくティッシュを差し出されたりすると「できる女性だなぁ」と感じます。

また、気遣いとありますが、ある意味「空気が読める女性」と置き換えられると筆者は感じています。

こちらの考えていることを感じ取って、何かをしてくれる気が利く方は共通して「空気が読める」素敵な女性です。

 

 

男のツボ4:男性の好きな事を把握している

続いて「男性の好きな事を把握している」です。

 

これは2の「自分の好きな事を知っている」に近いのですが、ここでは男性全般が喜ぶこと、好きな事を知っているという事でしょう。

例えば、男性は多かれ少なかれ仕事に対して自尊心(プライド)を持っているはずです。

日々の仕事に対して「頑張ってるね」「偉いね」「凄いね」とほめられると、男性は嬉しいのではないでしょうか。

 

 

男のツボ5:近づいてくる

続いて「近づいてくる」です。

 

これも非常に共感できるポイントです。

男性と女性はパーソナルスペースの距離に違いがあるそうです。

パーソナルスペースとは「ストレスを感じる自分の領域」の事を指します。

例えば、人が多い電車やエレベーターってストレスを感じる事って多いですよね。

これは、自分のパーソナルスペースを相手が侵しているからなのです。

ただしパーソナルスペースは「知らない人」が近づくことによってストレスを感じるので、家族が近づいてもストレスを感じません。

恋愛においては相手を信頼しているので、距離が近くてもストレスは感じませんよね。

そこで、落としたい男性のパーソナルスペースに思い切って入り距離を近づけてみると、相手はあなたの事を意識する事、間違いないでしょう。

回数やタイミングは大切ですので、その点は自己判断で注意をしてください。

 

 

男のツボ6:駆け引きがうまい

最後は「駆け引きがうまい」です。

駆け引きに関して筆者は「相手による」と思います。

今まで上がった1~5はいわゆる男性全般のツボですが、駆け引きは人を選ぶでしょう。

ある程度、恋愛慣れしている男性であれば友好的です。

しかし、恋愛慣れしていない、または恋愛に疎い人に駆け引きをしても「面倒な人」と思われてしまうかもしれませんね。

また、恋愛慣れしている人も「これは試されている」とわかり易い駆け引きも逆効果です。

駆け引きって「質問」を介して行う場合がほとんどですが、質問の内容も大切ですので、注意が必要です。

 

 

男性のツボ6選の難易度と効果について

今回は男性を「グッ」とさせるツボ6選をご紹介いたしました。

6つのツボをやり易さを難易度(レベル)で表すと、、、

 


■難易度低

男のツボ2:自分の好きな事を知っている

男のツボ5:近づいてくる

 

■難易度中

男のツボ1:ボディタッチが多い

男のツボ3:気遣いができる

男のツボ4:男性の好きな事を把握している

 

■難易度高

男のツボ6:駆け引きがうまい


 

 

続いて効果で表すと、、、


■効果高

男のツボ1:ボディタッチが多い

男のツボ2:自分の好きな事を知っている

 

■効果中

男のツボ5:近づいてくる

男のツボ6:駆け引きがうまい(人に左右されやすい)

 

■効果低

男のツボ3:気遣いができる

男のツボ4:男性の好きな事を把握している


 

このようにまとめてみました。

やり易くて効果的なのは「男のツボ2:自分の好きな事を知っている」事ではないでしょうか。

ボディタッチも効果高に分類しましたが、それだけが多いと「やれる可能性がある女」と感じられてしまう可能性があり、場合によっては恋愛に発展しません。

 

将来的に付き合っていきたいと考えるのであれば「男のツボ2:自分の好きな事を知っている」を主に他の方法を合わせて活用していくとより効果的だと思います。

 

気になる男性がいるのであればそれぞれ試してみて価値がある方法だと感じています。

■スポンサードリンク■

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

コメントを残す

このページの先頭へ